電子書籍 維新えろちか浪漫(徳間文庫) 文芸・小説

完結
著者: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

維新えろちか浪漫一 色は匂えど<新装版> あらすじ・内容

「お指でそこを開いてください。はい、撮ります」
文明開化の明治初め。元幕臣の甲介少年、今では写場の奉公人。
美貌の令嬢、熟れた妾…と次々に秘密の花園を写真に収め、
ついでにしかと一物も花園に収め。
出来栄え凄艶、好事家たちが殺到す。

この作品を共有

「維新えろちか浪漫(徳間文庫)」最新刊

「なんと憎いかわゆい」
熟れた新造、少年の初物をぱっくりと…。
時は明治、父に背いて逐電した華族学校生・恭二。
初めて世間に出た長州坊ちゃまは、たちまち幕臣方年増のごちそうに。
やがて彼が恋した可憐な少女は、仇敵会津の娘だった…。

「維新えろちか浪漫(徳間文庫)」作品一覧

(4冊)

各550(税込)

まとめてカート

「お指でそこを開いてください。はい、撮ります」
文明開化の明治初め。元幕臣の甲介少年、今では写場の奉公人。
美貌の令嬢、熟れた妾…と次々に秘密の花園を写真に収め、
ついでにしかと一物も花園に収め。
出来栄え凄艶、好事家たちが殺到す。

「う、出る」
明治の西洋料理店。
店員辰文十七歳は今宵も手すさびに余念なし。
が、おかずに購入のこの猥褻写真、どうも姉上に似ているような…。
調べ歩く先々で現れたのが熟女たち。
かくして辰文、写真の真相ならぬ女壷の深奥を知ることに。

「こ、これが女の構造!?」
ぬめぬめとした情景に浩継は圧倒された…
明治の覗きからくり師浩継に舞い込んだ、まぐわい人形箱の注文。
されど無垢な十七歳、要が作れぬもどかしさ。
かくして始める女体修業。
見れば、いたせば巧緻を極める淫ら箱。

「維新えろちか浪漫(徳間文庫)」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説 完結
ページ数
238ページ (維新えろちか浪漫一 色は匂えど<新装版>)
配信開始日
2020年6月12日 (維新えろちか浪漫一 色は匂えど<新装版>)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad