電子書籍 人妻、禁断の密室遊戯 文芸

著: 霧原一輝  著: 鷹澤フブキ  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

人妻、禁断の密室遊戯≪完全版≫ あらすじ・内容

「…欲しいわ。お義兄さんのが欲しいんです。」哀願してくる容子に、祐之のボルテージは急上昇する。奥へと進むにつれて温度のあがる膣壁が、ひくひくとおののきながら肉茎にからみついてくる。(健二のやつめ、いつもこんな名器を相手にしていたのか)〈『兄弟の嫁』〉禁断の相手だからこそ、燃え上がる肉体!

この作品を共有

「人妻、禁断の密室遊戯」最新刊

私はただやりたい女。やりたくてやりたくて気が狂いそうな女…。琴美の平静を装った態度は、長くは続かなかった。勝手に躰がうねり、知らぬうちに喘ぎ声を上げていた。「凄いよ、きみ、いつもこうなのかい!」嬉しさを隠し切れない赤根沢の声はうわずっていた。

「人妻、禁断の密室遊戯」作品一覧

(8冊)

100円〜600円(+税)

まとめてカート

「…欲しいわ。お義兄さんのが欲しいんです。」哀願してくる容子に、祐之のボルテージは急上昇する。奥へと進むにつれて温度のあがる膣壁が、ひくひくとおののきながら肉茎にからみついてくる。(健二のやつめ、いつもこんな名器を相手にしていたのか)〈『兄弟の嫁』〉禁断の相手だからこそ、燃え上がる肉体!

弟の嫁・容子と、弟の入院中に禁断の関係を持った裕之。「…欲しいわ。お義兄さんのが欲しいんです。」哀願してくる容子に、祐之のボルテージは急上昇する。奥へと進むにつれて温度のあがる膣壁が、ひくひくとおののきながら肉茎にからみついてくる。(健二のやつめ、いつもこんな名器を相手にしていたのか…)羨ましさとともに、妙な競争意識が芽生えてくる。

「すごいな。さっきからドピュッ、ドピュッと潮を噴いているぞ」「そんな…だって感じちゃう…感じちゃうのぉ」「もっと感じるんだ。どうせ旦那とのエッチじゃ、物足りなかったんだろう。こういうふうに激しくされたかったんだろう?」

「人妻、禁断の密室遊戯」の作品情報

レーベル
河出i文庫
出版社
河出書房新社
ジャンル
文芸 官能小説 官能
ページ数
254ページ (人妻、禁断の密室遊戯≪完全版≫)
配信開始日
2013年7月4日 (人妻、禁断の密室遊戯≪完全版≫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad