電子書籍 闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~ アダルトマンガ

著者: アロマコミック 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~ 第1巻 あらすじ・内容

少女は美味しい山菜と川魚が大好きだった。少女は子供のままでいたかった。女になどなりたくなかった。少女は、目が見えなかった…。心因性のショックで失明した少女が、里子として過疎の村にやってきたのは数年前。このところ急速に膨らみつつある胸と共に、ある不安を膨らませていた。少女の身体が女になった頃、その不安は現実のものとなる。少女は大好きなおじいちゃんから村の古い因習である“夜這い”を受けたのだ。のどかな山間の里で、女に飢えた村人たちによって日夜繰り返される淫行に、身も心も蹂躙されていく。絶望の淵で少女はいつも夢見ていた。光を取り戻した目で、いつか村から逃げ出すことを――

この作品を共有

「闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~」最新刊

少女は美味しい山菜と川魚が大好きだった。少女は子供のままでいたかった。女になどなりたくなかった。少女は、目が見えなかった…。心因性のショックで失明した少女が、里子として過疎の村にやってきたのは数年前。このところ急速に膨らみつつある胸と共に、ある不安を膨らませていた。少女の身体が女になった頃、その不安は現実のものとなる。少女は大好きなおじいちゃんから村の古い因習である“夜這い”を受けたのだ。のどかな山間の里で、女に飢えた村人たちによって日夜繰り返される淫行に、身も心も蹂躙されていく。絶望の淵で少女はいつも夢見ていた。光を取り戻した目で、いつか村から逃げ出すことを――

「闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~」作品一覧

(3冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

少女は美味しい山菜と川魚が大好きだった。少女は子供のままでいたかった。女になどなりたくなかった。少女は、目が見えなかった…。心因性のショックで失明した少女が、里子として過疎の村にやってきたのは数年前。このところ急速に膨らみつつある胸と共に、ある不安を膨らませていた。少女の身体が女になった頃、その不安は現実のものとなる。少女は大好きなおじいちゃんから村の古い因習である“夜這い”を受けたのだ。のどかな山間の里で、女に飢えた村人たちによって日夜繰り返される淫行に、身も心も蹂躙されていく。絶望の淵で少女はいつも夢見ていた。光を取り戻した目で、いつか村から逃げ出すことを――

少女は美味しい山菜と川魚が大好きだった。少女は子供のままでいたかった。女になどなりたくなかった。少女は、目が見えなかった…。心因性のショックで失明した少女が、里子として過疎の村にやってきたのは数年前。このところ急速に膨らみつつある胸と共に、ある不安を膨らませていた。少女の身体が女になった頃、その不安は現実のものとなる。少女は大好きなおじいちゃんから村の古い因習である“夜這い”を受けたのだ。のどかな山間の里で、女に飢えた村人たちによって日夜繰り返される淫行に、身も心も蹂躙されていく。絶望の淵で少女はいつも夢見ていた。光を取り戻した目で、いつか村から逃げ出すことを――

少女は美味しい山菜と川魚が大好きだった。少女は子供のままでいたかった。女になどなりたくなかった。少女は、目が見えなかった…。心因性のショックで失明した少女が、里子として過疎の村にやってきたのは数年前。このところ急速に膨らみつつある胸と共に、ある不安を膨らませていた。少女の身体が女になった頃、その不安は現実のものとなる。少女は大好きなおじいちゃんから村の古い因習である“夜這い”を受けたのだ。のどかな山間の里で、女に飢えた村人たちによって日夜繰り返される淫行に、身も心も蹂躙されていく。絶望の淵で少女はいつも夢見ていた。光を取り戻した目で、いつか村から逃げ出すことを――

「闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~」の作品情報

レーベル
――
出版社
アロマコミック
ジャンル
アダルトマンガ フィルムコミック 男性向け おとなマンガ
ページ数
319ページ (闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~ 第1巻)
配信開始日
2015年4月29日 (闇に咲く悦楽 ~過疎の里、閉ざされた視界~ 第1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad