電子書籍 漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~ アダルトマンガ

著者: アロマコミック 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~ 第1巻 あらすじ・内容

小さな漁村に住む少年拓海は、ある日浜辺に倒れている人影を見つけ助ける。拓海はその少女に「海」と名付け心惹かれていくが、その少女は村人とは異なった、透き通るような髪と綺麗な赤い目を持つ異国の少女であった。下界から隔離される小さな漁村には、異国のことなど知る者はおらず、海は鬼と呼ばれ村人に捕らわれる。海はこの村に古くから伝わる「鬼除けの儀」により、毎晩犯され続ける。その悲痛な叫びを聞きながら、自分の無力さを知る拓海。そして少年はいつしか「大人」へとなっていく。大人となった少年が選んだ答えは…。

この作品を共有
  

「漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~」最新刊

小さな漁村に住む少年拓海は、ある日浜辺に倒れている人影を見つけ助ける。拓海はその少女に「海」と名付け心惹かれていくが、その少女は村人とは異なった、透き通るような髪と綺麗な赤い目を持つ異国の少女であった。下界から隔離される小さな漁村には、異国のことなど知る者はおらず、海は鬼と呼ばれ村人に捕らわれる。海はこの村に古くから伝わる「鬼除けの儀」により、毎晩犯され続ける。その悲痛な叫びを聞きながら、自分の無力さを知る拓海。そして少年はいつしか「大人」へとなっていく。大人となった少年が選んだ答えは…。

「漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~」作品一覧

(6冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

小さな漁村に住む少年拓海は、ある日浜辺に倒れている人影を見つけ助ける。拓海はその少女に「海」と名付け心惹かれていくが、その少女は村人とは異なった、透き通るような髪と綺麗な赤い目を持つ異国の少女であった。下界から隔離される小さな漁村には、異国のことなど知る者はおらず、海は鬼と呼ばれ村人に捕らわれる。海はこの村に古くから伝わる「鬼除けの儀」により、毎晩犯され続ける。その悲痛な叫びを聞きながら、自分の無力さを知る拓海。そして少年はいつしか「大人」へとなっていく。大人となった少年が選んだ答えは…。

小さな漁村に住む少年拓海は、ある日浜辺に倒れている人影を見つけ助ける。拓海はその少女に「海」と名付け心惹かれていくが、その少女は村人とは異なった、透き通るような髪と綺麗な赤い目を持つ異国の少女であった。下界から隔離される小さな漁村には、異国のことなど知る者はおらず、海は鬼と呼ばれ村人に捕らわれる。海はこの村に古くから伝わる「鬼除けの儀」により、毎晩犯され続ける。その悲痛な叫びを聞きながら、自分の無力さを知る拓海。そして少年はいつしか「大人」へとなっていく。大人となった少年が選んだ答えは…。

小さな漁村に住む少年拓海は、ある日浜辺に倒れている人影を見つけ助ける。拓海はその少女に「海」と名付け心惹かれていくが、その少女は村人とは異なった、透き通るような髪と綺麗な赤い目を持つ異国の少女であった。下界から隔離される小さな漁村には、異国のことなど知る者はおらず、海は鬼と呼ばれ村人に捕らわれる。海はこの村に古くから伝わる「鬼除けの儀」により、毎晩犯され続ける。その悲痛な叫びを聞きながら、自分の無力さを知る拓海。そして少年はいつしか「大人」へとなっていく。大人となった少年が選んだ答えは…。

「漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~」の作品情報

レーベル
――
出版社
アロマコミック
ジャンル
アダルトマンガ フィルムコミック 男性向け おとなマンガ
ページ数
249ページ (漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~ 第1巻)
配信開始日
2015年4月29日 (漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~ 第1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad