電子書籍 孕ませ巫女神楽(竹書房ラブロマン文庫) 文芸・小説

著: 河里一伸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

孕ませ巫女神楽 あらすじ・内容

内容紹介
祖父の神社で祭りの宮司をするため故郷へ帰省した大学生の登也は、祭りで神楽を奉納する2人の巫女―幼馴染の日菜乃と咲良、神楽の指導係の英梨と久しぶりに再会するが、そこで門外不出の衝撃的な秘密を知ることに……。

子孫繁栄を謳う神楽には催淫作用があり、舞い手の巫女が発情し受胎しやすくなるというのだが、目の前で舞った英梨が本当に欲情し、登也は誘われるがまま彼女の熟した肉壷で筆おろしをされ効果を体感する。
やがて神楽の練習に付き合ううち、発情した咲良の中に牡汁を吐き出し、ついには日菜乃の処女穴を貫通させ、毎晩のように女たちの疼きに応え肉体を交わす…。

晩秋の神社で巫女たちと愛欲に耽る地方都市ロマン長編!

  • シェア:

「孕ませ巫女神楽(竹書房ラブロマン文庫)」最新刊

内容紹介
祖父の神社で祭りの宮司をするため故郷へ帰省した大学生の登也は、祭りで神楽を奉納する2人の巫女―幼馴染の日菜乃と咲良、神楽の指導係の英梨と久しぶりに再会するが、そこで門外不出の衝撃的な秘密を知ることに……。

子孫繁栄を謳う神楽には催淫作用があり、舞い手の巫女が発情し受胎しやすくなるというのだが、目の前で舞った英梨が本当に欲情し、登也は誘われるがまま彼女の熟した肉壷で筆おろしをされ効果を体感する。
やがて神楽の練習に付き合ううち、発情した咲良の中に牡汁を吐き出し、ついには日菜乃の処女穴を貫通させ、毎晩のように女たちの疼きに応え肉体を交わす…。

晩秋の神社で巫女たちと愛欲に耽る地方都市ロマン長編!

「孕ませ巫女神楽(竹書房ラブロマン文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房ラブロマン文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能小説 官能
ページ数
228ページ (孕ませ巫女神楽)
配信開始日
2021年11月8日 (孕ませ巫女神楽)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。