電子書籍 お前はまだオークを知らない。(オシリス文庫) アダルトラノベ

著者: あらいん  イラスト: いぬしま 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

お前はまだオークを知らない。(1) あらすじ・内容

ときどきシリアス、でも基本ほのぼの、良識あるオーク×能天気ハチャメチャ美女のイチャラブファンタジー!

「オークにさらわれた時点で女終わってんのよっ! だったらふんぎりつくように犯しなさいっ! そのほうがいろいろと諦められるのよ……!」
その女はボロボロと涙を流して懇願する──。
断片的な前世の記憶を持って生まれた転生オークの俺・タケル。
人間に里を焼き払われ、逃れた先で出会った美しい女冒険者・リーサをなりゆきで抱いたことで、穏やかな森の生活への道はにぎやかにねじ曲げられていく。

「手抜きセックスの言い訳をしない!」
「もっとこう気持ちが盛り上がるように工夫を要求する」
「へー、ふーん。タケルってさ、女を知らなさ過ぎるんですけど?」
……いやいや、お前がオークを知らないだけだ。

――ときどきシリアス、でも基本ほのぼの、良識あるオーク×能天気ハチャメチャ美女のイチャラブファンタジー!

この作品を共有

「お前はまだオークを知らない。(オシリス文庫)」最新刊

「浮気とかしてないでしょうね?」
「オークには恋愛や結婚の概念がない。そもそも、ここにはお前しかいない」
「わ、わかってるわよっ! あんたみたいなオークには、私しかいないものね!」
理性ある転生オークの俺でも理解しがたい発言だ。

傷つき、森にさまよい込んできた女冒険者──リーサとなぜか同棲生活を送ることになった俺・タケル。
はちゃめちゃな言動に翻弄されているうちに、希少種オークの噂を聞きつけたのかリーサの仲間や、行き場をなくした貴族の没落令嬢までもが里にやってくる。
俺は静かな森の暮らしを守りたいのだが……。それと、この能天気女は俺の妻ではないからな?

タケルたちの森の生活にひと癖ある女冒険者と没落貴族令嬢が乱入!
ときどきシリアス、でも基本ほのぼの、良識あるオーク×天然美女のイチャラブファンタジー!

「お前はまだオークを知らない。(オシリス文庫)」作品一覧

(2冊)

101〜915(税込)

まとめてカート

「オークにさらわれた時点で女終わってんのよっ! だったらふんぎりつくように犯しなさいっ! そのほうがいろいろと諦められるのよ……!」
その女はボロボロと涙を流して懇願する──。
断片的な前世の記憶を持って生まれた転生オークの俺・タケル。
人間に里を焼き払われ、逃れた先で出会った美しい女冒険者・リーサをなりゆきで抱いたことで、穏やかな森の生活への道はにぎやかにねじ曲げられていく。

「手抜きセックスの言い訳をしない!」
「もっとこう気持ちが盛り上がるように工夫を要求する」
「へー、ふーん。タケルってさ、女を知らなさ過ぎるんですけど?」
……いやいや、お前がオークを知らないだけだ。

――ときどきシリアス、でも基本ほのぼの、良識あるオーク×能天気ハチャメチャ美女のイチャラブファンタジー!

「浮気とかしてないでしょうね?」
「オークには恋愛や結婚の概念がない。そもそも、ここにはお前しかいない」
「わ、わかってるわよっ! あんたみたいなオークには、私しかいないものね!」
理性ある転生オークの俺でも理解しがたい発言だ。

傷つき、森にさまよい込んできた女冒険者──リーサとなぜか同棲生活を送ることになった俺・タケル。
はちゃめちゃな言動に翻弄されているうちに、希少種オークの噂を聞きつけたのかリーサの仲間や、行き場をなくした貴族の没落令嬢までもが里にやってくる。
俺は静かな森の暮らしを守りたいのだが……。それと、この能天気女は俺の妻ではないからな?

タケルたちの森の生活にひと癖ある女冒険者と没落貴族令嬢が乱入!
ときどきシリアス、でも基本ほのぼの、良識あるオーク×天然美女のイチャラブファンタジー!

「お前はまだオークを知らない。(オシリス文庫)」の作品情報

レーベル
オシリス文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
アダルトラノベ 男性向け 異世界系作品 めがイラスト
ページ数
83ページ (お前はまだオークを知らない。(1))
配信開始日
2021年1月22日 (お前はまだオークを知らない。(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad