電子書籍 言いなり催眠ボイス ~生意気な黒ギャルを屈服させろ!~(あまからや) アダルトマンガ

著者: あまからや 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

言いなり催眠ボイス ~生意気な黒ギャルを屈服させろ!~ あらすじ・内容

俺の名前は慢田操一郎…職業、無職。
但し、金にも女にも困っていない…何故なら俺は催眠術で他人を意のままに操る事が出来るからだ。
その日も俺はカモを探し出す為に街へと繰り出していた…すると、一人の黒ギャルと肩がぶつかった。
「ってーな…オッサン、前見て歩けよ!」
明らかに躾けのなってないメスガキ…しかし、その顔と体は十分以上に合格ラインだった。
『俺の言う事を聞け』
そう呟いた瞬間、ギャルの瞳からは光が消える…それは、催眠に入った証。
かくして、絶好の玩具を手に入れた俺はその日を境に、黒ギャル…【黒木レイカ】を好き放題に犯しまくる!
それでも心を折らないレイカに、俺の行為は段々とエスカレートしていくのだった…。

この作品を共有
  

「言いなり催眠ボイス ~生意気な黒ギャルを屈服させろ!~(あまからや)」最新刊

俺の名前は慢田操一郎…職業、無職。
但し、金にも女にも困っていない…何故なら俺は催眠術で他人を意のままに操る事が出来るからだ。
その日も俺はカモを探し出す為に街へと繰り出していた…すると、一人の黒ギャルと肩がぶつかった。
「ってーな…オッサン、前見て歩けよ!」
明らかに躾けのなってないメスガキ…しかし、その顔と体は十分以上に合格ラインだった。
『俺の言う事を聞け』
そう呟いた瞬間、ギャルの瞳からは光が消える…それは、催眠に入った証。
かくして、絶好の玩具を手に入れた俺はその日を境に、黒ギャル…【黒木レイカ】を好き放題に犯しまくる!
それでも心を折らないレイカに、俺の行為は段々とエスカレートしていくのだった…。

「言いなり催眠ボイス ~生意気な黒ギャルを屈服させろ!~(あまからや)」の作品情報

レーベル
――
出版社
あまからや
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け フィルムコミック 萌え
ページ数
179ページ (言いなり催眠ボイス ~生意気な黒ギャルを屈服させろ!~)
配信開始日
2020年10月22日 (言いなり催眠ボイス ~生意気な黒ギャルを屈服させろ!~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad