電子書籍 パンドラの箱(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 赤松光夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

パンドラの箱 あらすじ・内容

小説家の上條圭一郎には、忘れられない女性がいた。名を五十鈴槙子という。圭一郎が10代の頃、地元の香川で付き合っていた同級生で、目鼻立ちがくっきりして、ふくよかなバストを持った美少女であった。槙子とはキスやペッティングはしたものの、いざ処女を奪おうとした瞬間、彼女に泣かれてしまい、結局は身体を一つにすることは出来なかった。それから20数年経ち、地元の同窓会で再会した二人。あの時失敗に終わった思い出を懐かしみながら、お互いの成熟した肉体をさらけ出して……。

この作品を共有

「パンドラの箱(スコラマガジン)」最新刊

小説家の上條圭一郎には、忘れられない女性がいた。名を五十鈴槙子という。圭一郎が10代の頃、地元の香川で付き合っていた同級生で、目鼻立ちがくっきりして、ふくよかなバストを持った美少女であった。槙子とはキスやペッティングはしたものの、いざ処女を奪おうとした瞬間、彼女に泣かれてしまい、結局は身体を一つにすることは出来なかった。それから20数年経ち、地元の同窓会で再会した二人。あの時失敗に終わった思い出を懐かしみながら、お互いの成熟した肉体をさらけ出して……。

「パンドラの箱(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
30ページ (パンドラの箱)
配信開始日
2020年9月11日 (パンドラの箱)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad