電子書籍 昭和男みだらララバイ(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 睦月影郎  イラスト: とやまみーや 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

昭和男みだらララバイ 第一回 あらすじ・内容

神成昭一郎は93歳の寝たきり。会話も筆談もできず、余命半年と宣告されていた。幽体離脱を経験し、死を覚悟するが、同じタイミングでひきこもりになっていた30歳の孫・平太が階段で転倒して卒倒。2人の魂は入れ代わり、昭一郎は若い肉体を手に入れた。そして、女性経験のない平太に代わって、様々な女性と関係を持っていく。最初に目をつけたのは元女刑事の藤井涼子。彼女は30代半ば。結婚退職をして、赤ん坊が生まれたばかりだ。ショートカットに引き締まった体型をしている。元警官の昭一郎にとっては、柔道や剣道を教えた弟子にあたる存在だ。平太のふりをして、思い切って童貞であることを告白し、「涼子さんが教えてくれませんか」と頼み込んだ。涼子はあっさりと受け入れてくれた。シャワーも浴びず、いきなり涼子の乳首を責めると、母乳があふれ出し……。

この作品を共有

「昭和男みだらララバイ(スコラマガジン)」最新刊

神成昭一郎は93歳の寝たきり。会話も筆談もできず、幽体離脱を経験して死を覚悟する。しかし、同じタイミングでひきこもりになっていた30歳の孫・平太が階段で転倒して卒倒。2人の魂は入れ代わり、昭一郎は若い肉体を手に入れた。そして、女性経験のない平太に変わって、様々な女性と関係を持ってきた。性欲の限りを尽くした昭一郎は、2ヵ月後、孫の平太に肉体を返却し、寝たきりに戻る。しかし、入れ替わった影響で昭一郎の体調は回復し、ペニスも元気になった。一方、平太は昭一郎が乗り移った時の記憶も持ちながら、祖父が抱いてきた女性たちとセックスを繰り返していく。女子大生でつい最近まで処女だった大野利香、35歳の子持ち主婦・麻生真知子、20代半ばのイラストレーター・山岸奈保美。祖父がトレーニングをしてくれていたおかげで、平太もセックスを堪能することができ……。

「昭和男みだらララバイ(スコラマガジン)」作品一覧

(6冊)

各110(税込)

まとめてカート

神成昭一郎は93歳の寝たきり。会話も筆談もできず、余命半年と宣告されていた。幽体離脱を経験し、死を覚悟するが、同じタイミングでひきこもりになっていた30歳の孫・平太が階段で転倒して卒倒。2人の魂は入れ代わり、昭一郎は若い肉体を手に入れた。そして、女性経験のない平太に代わって、様々な女性と関係を持っていく。最初に目をつけたのは元女刑事の藤井涼子。彼女は30代半ば。結婚退職をして、赤ん坊が生まれたばかりだ。ショートカットに引き締まった体型をしている。元警官の昭一郎にとっては、柔道や剣道を教えた弟子にあたる存在だ。平太のふりをして、思い切って童貞であることを告白し、「涼子さんが教えてくれませんか」と頼み込んだ。涼子はあっさりと受け入れてくれた。シャワーも浴びず、いきなり涼子の乳首を責めると、母乳があふれ出し……。

神成昭一郎は93歳の寝たきり。会話も筆談もできず、幽体離脱を経験して死を覚悟する。しかし、同じタイミングでひきこもりになっていた30歳の孫・平太が階段で転倒して卒倒。2人の魂は入れ代わり、昭一郎は若い肉体を手に入れた。そして、女性経験のない平太に代わって、様々な女性と関係を持っていく。今回の相手は18歳の女子大生・大野利香。平太とはゲーム関連のイベントに一緒に行ったことがあるらしい。パソコンを教えてほしいと理由をつけて自宅に呼び寄せた。セックスもキスも経験してないことを恥ずかしがった彼女は、「でも私、早く体験してみたいんです」と訴えてきた。平太だったら怖じ気づくところだが、中身は百戦錬磨の昭一郎。美少女の乳首やクリトリスを優しく舐め回し、フェラでギンギンになった肉棒をゆっくりとあそこに入れていくと……。

神成昭一郎は93歳の寝たきり。会話も筆談もできず、幽体離脱を経験して死を覚悟する。しかし、同じタイミングでひきこもりになっていた30歳の孫・平太が階段で転倒して卒倒。2人の魂は入れ代わり、昭一郎は若い肉体を手に入れた。そして、女性経験のない平太に代わって、様々な女性と関係を持っていく。今回の相手は以前バージンをいただいた女子大生・大野利香の母である恵利子。39歳の美熟女だ。通っているスポーツジムで顔を合わせると、一緒に食事へ行くことに。思い切って、性の手ほどきをお願いすると、彼女は「私もあなたに教えたくて仕方がないの」と目を輝かせた。ジム帰りでシャワーも浴びない熟女の匂いを堪能。その爆乳に吸いつくと、クリトリスやアナルを舌先で刺激する。ワレメからトロトロの愛液があふれ出してくると……。

「昭和男みだらララバイ(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
47ページ (昭和男みだらララバイ 第一回)
配信開始日
2020年9月4日 (昭和男みだらララバイ 第一回)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad