電子書籍 淫花の雫 肉便器さや子35歳(ナイトコミック) アダルトマンガ

完結
著: 風船クラブ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

淫花の雫 肉便器さや子35歳(1) あらすじ・内容

私は羽生さや子35歳。夫とセックスレスになって2年、やはり寂しくて…。自分で自分を慰める日々だったのですが、あの事件が起きました。満員電車で私と密着して勃起してしまった学生さんに出会いました。うれしくなった私は、いけないことだとわかっていながらも、彼を駅のトイレに連れ込み夢中でしごいてしまったのです。あの硬くてあついペニスの感覚が忘れられず…あの日から、私のタガは外れてしまいました…

この作品を共有
  

「淫花の雫 肉便器さや子35歳(ナイトコミック)」最新刊

私は羽生さや子35歳。夫とセックスレスになって2年、やはり寂しくて…。自分で自分を慰める日々だったのですが、あの事件が起きました。満員電車で私と密着して勃起してしまった学生さんに出会いました。うれしくなった私は、いけないことだとわかっていながらも、彼を駅のトイレに連れ込み夢中でしごいてしまったのです。あの硬くてあついペニスの感覚が忘れられず…あの日から、私のタガは外れてしまいました…

「淫花の雫 肉便器さや子35歳(ナイトコミック)」作品一覧

(3冊)

各330(税込)

まとめてカート

私は羽生さや子35歳。夫とセックスレスになって2年、やはり寂しくて…。自分で自分を慰める日々だったのですが、あの事件が起きました。満員電車で私と密着して勃起してしまった学生さんに出会いました。うれしくなった私は、いけないことだとわかっていながらも、彼を駅のトイレに連れ込み夢中でしごいてしまったのです。あの硬くてあついペニスの感覚が忘れられず…あの日から、私のタガは外れてしまいました…

私は羽生さや子35歳。夫とセックスレスになって2年、やはり寂しくて…。自分で自分を慰める日々だったのですが、あの事件が起きました。満員電車で私と密着して勃起してしまった学生さんに出会いました。うれしくなった私は、いけないことだとわかっていながらも、彼を駅のトイレに連れ込み夢中でしごいてしまったのです。あの硬くてあついペニスの感覚が忘れられず…あの日から、私のタガは外れてしまいました…

私は羽生さや子35歳。夫とセックスレスになって2年、やはり寂しくて…。自分で自分を慰める日々だったのですが、あの事件が起きました。満員電車で私と密着して勃起してしまった学生さんに出会いました。うれしくなった私は、いけないことだとわかっていながらも、彼を駅のトイレに連れ込み夢中でしごいてしまったのです。あの硬くてあついペニスの感覚が忘れられず…あの日から、私のタガは外れてしまいました…

「淫花の雫 肉便器さや子35歳(ナイトコミック)」の作品情報

レーベル
ナイトコミック
出版社
ナイトコミック
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け 完結
ページ数
35ページ (淫花の雫 肉便器さや子35歳(1))
配信開始日
2020年8月7日 (淫花の雫 肉便器さや子35歳(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad