電子書籍 常ならぬ夜々(アデュルト社) 文芸・小説

著: 小玉二三 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

常ならぬ夜々 あらすじ・内容

男と女を結ぶ縁が転がりだすと、性欲の縁も動きだす──。
父から受け継いだ洋食屋を、原価を無視し食材費にかけすぎたために潰した逸夫は、父の味のファンだったフードライターの沢味涼子に声をかけられた。
彼女が誘ったきたのは、クライアントの部屋で食事をつくるケータリングの仕事だった。
渋々はじめた仕事先で待っていたのは、性欲をもてあましている人妻だ。
次の仕事先のマンションでは、数十人が全裸になって求め合う妖しげな会場だった。
女性経験の少なかった逸夫は、五感すべてで女体を味わい、腕のいい料理人らしく欲望をあらわにしていった。

この作品を共有

「常ならぬ夜々(アデュルト社)」最新刊

男と女を結ぶ縁が転がりだすと、性欲の縁も動きだす──。
父から受け継いだ洋食屋を、原価を無視し食材費にかけすぎたために潰した逸夫は、父の味のファンだったフードライターの沢味涼子に声をかけられた。
彼女が誘ったきたのは、クライアントの部屋で食事をつくるケータリングの仕事だった。
渋々はじめた仕事先で待っていたのは、性欲をもてあましている人妻だ。
次の仕事先のマンションでは、数十人が全裸になって求め合う妖しげな会場だった。
女性経験の少なかった逸夫は、五感すべてで女体を味わい、腕のいい料理人らしく欲望をあらわにしていった。

「常ならぬ夜々(アデュルト社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
アデュルト社
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
280ページ (常ならぬ夜々)
配信開始日
2020年7月17日 (常ならぬ夜々)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad