電子書籍 あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~(悶々堂) アダルトマンガ

完結
著者: 悶々堂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

【新装版】あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~ 第1巻 あらすじ・内容

オンラインゲームにどっぷりハマった典型的な引きこもり。
そんなあたしがゲーム内で知り合った男性とオフで初めて会ったその日、流れで処女をささげてしまった。
彼はあたしを「名器だ」「男を悦ばせる体だ」「今までで1番気持ちいい」と称賛した。
男性どころか女性からも無視され、存在しないかのように扱われてきたあたしは、
その言葉でまるで女性の中で1番の存在になったかのように錯覚した。
そして、見た目を変えればもっと周囲に求められると思ったあたしは、
髪色を変え、メイクをし、どんどん見た目を変えていった。
男性を悦ばせる体を持ったあたしが可愛くなった。
それなのにどうして、どうしてあたしは――
まだひとりぼっちなんだろう。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

この作品を共有
  

「あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~(悶々堂)」最新刊

オンラインゲームにどっぷりハマった典型的な引きこもり。
そんなあたしがゲーム内で知り合った男性とオフで初めて会ったその日、流れで処女をささげてしまった。
彼はあたしを「名器だ」「男を悦ばせる体だ」「今までで1番気持ちいい」と称賛した。
男性どころか女性からも無視され、存在しないかのように扱われてきたあたしは、
その言葉でまるで女性の中で1番の存在になったかのように錯覚した。
そして、見た目を変えればもっと周囲に求められると思ったあたしは、
髪色を変え、メイクをし、どんどん見た目を変えていった。
男性を悦ばせる体を持ったあたしが可愛くなった。
それなのにどうして、どうしてあたしは――
まだひとりぼっちなんだろう。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

「あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~(悶々堂)」作品一覧

(15冊)

99〜297(税込)

まとめてカート

オンラインゲームにどっぷりハマった典型的な引きこもり。
そんなあたしがゲーム内で知り合った男性とオフで初めて会ったその日、流れで処女をささげてしまった。
彼はあたしを「名器だ」「男を悦ばせる体だ」「今までで1番気持ちいい」と称賛した。
男性どころか女性からも無視され、存在しないかのように扱われてきたあたしは、
その言葉でまるで女性の中で1番の存在になったかのように錯覚した。
そして、見た目を変えればもっと周囲に求められると思ったあたしは、
髪色を変え、メイクをし、どんどん見た目を変えていった。
男性を悦ばせる体を持ったあたしが可愛くなった。
それなのにどうして、どうしてあたしは――
まだひとりぼっちなんだろう。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

オンラインゲームにどっぷりハマった典型的な引きこもり。
そんなあたしがゲーム内で知り合った男性とオフで初めて会ったその日、流れで処女をささげてしまった。
彼はあたしを「名器だ」「男を悦ばせる体だ」「今までで1番気持ちいい」と称賛した。
男性どころか女性からも無視され、存在しないかのように扱われてきたあたしは、
その言葉でまるで女性の中で1番の存在になったかのように錯覚した。
そして、見た目を変えればもっと周囲に求められると思ったあたしは、
髪色を変え、メイクをし、どんどん見た目を変えていった。
男性を悦ばせる体を持ったあたしが可愛くなった。
それなのにどうして、どうしてあたしは――
まだひとりぼっちなんだろう。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

オンラインゲームにどっぷりハマった典型的な引きこもり。
そんなあたしがゲーム内で知り合った男性とオフで初めて会ったその日、流れで処女をささげてしまった。
彼はあたしを「名器だ」「男を悦ばせる体だ」「今までで1番気持ちいい」と称賛した。
男性どころか女性からも無視され、存在しないかのように扱われてきたあたしは、
その言葉でまるで女性の中で1番の存在になったかのように錯覚した。
そして、見た目を変えればもっと周囲に求められると思ったあたしは、
髪色を変え、メイクをし、どんどん見た目を変えていった。
男性を悦ばせる体を持ったあたしが可愛くなった。
それなのにどうして、どうしてあたしは――
まだひとりぼっちなんだろう。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

「あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~(悶々堂)」の作品情報

レーベル
――
出版社
悶々堂
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け フィルムコミック 萌え 完結
ページ数
116ページ (【新装版】あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~ 第1巻)
配信開始日
2020年5月8日 (【新装版】あたしは名器。~ヒキコモリが黒ギャルビッチに変わるまで~ 第1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad