電子書籍 義母がどうにもエロすぎて(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 神瀬知巳  イラスト: とやまみーや 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

義母がどうにもエロすぎて あらすじ・内容

同僚との飲み会の帰り、25歳の逆井咲多郎は雑踏の中で妻の母・秦野なぎさを見つけた。小太りの男とホテル街に消えていったのだ。浮気を疑った咲多郎だったが、義母に電話しても繋がらなかった。その後、街中でやっとなぎさと遭遇したが、口紅を塗り直した感じや胸元に残ったキスマークなど見るからに怪しい。なぎさはまだ42歳と若く、咲多郎から見ても若々しくて可愛らしい。長い睫毛の二重の瞳、通った鼻筋、ふっくらやわらかな唇はツヤツヤに光っている。胸元からは双乳の谷間が覗いていた。疑いを深めた咲多郎は義母を詰問。男女関係を認めないとみるや、ラブホテルに連れ込み、身体検査をすることに。パンティ1枚になったなぎさの手をネクタイで拘束し、体中を撫で回すと……。

この作品を共有

「義母がどうにもエロすぎて(スコラマガジン)」最新刊

同僚との飲み会の帰り、25歳の逆井咲多郎は雑踏の中で妻の母・秦野なぎさを見つけた。小太りの男とホテル街に消えていったのだ。浮気を疑った咲多郎だったが、義母に電話しても繋がらなかった。その後、街中でやっとなぎさと遭遇したが、口紅を塗り直した感じや胸元に残ったキスマークなど見るからに怪しい。なぎさはまだ42歳と若く、咲多郎から見ても若々しくて可愛らしい。長い睫毛の二重の瞳、通った鼻筋、ふっくらやわらかな唇はツヤツヤに光っている。胸元からは双乳の谷間が覗いていた。疑いを深めた咲多郎は義母を詰問。男女関係を認めないとみるや、ラブホテルに連れ込み、身体検査をすることに。パンティ1枚になったなぎさの手をネクタイで拘束し、体中を撫で回すと……。

「義母がどうにもエロすぎて(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
42ページ (義母がどうにもエロすぎて)
配信開始日
2020年2月14日 (義母がどうにもエロすぎて)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad