電子書籍 月曜の朝、痴漢快速で(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 常盤準 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

月曜の朝、痴漢快速で あらすじ・内容

(あぁ、やっぱり今日も……)総合商社で働く33歳のOL・吉岡由美は、仕事場へ向かう快速電車の中で、いつもの気配を感じていた。毎週月曜のこの時間、満員電車で身動きの出来ない彼女の背後にピタッと張り付き、スカート越しにヒップを撫で回す……要するに痴漢の被害にあっていたのであった。(うぅ、なんか、今日はすごい)痴漢は由美の尻肉を鷲づかみにして、激しく捏ねくり回す。(もしかして濡れてきちゃったかも……)次第に感じ始めていく由美。そのときだった。「よ、吉岡さん、ですよね?」突然、聞き覚えのある声で呼び止められ……。

この作品を共有

「月曜の朝、痴漢快速で(スコラマガジン)」最新刊

(あぁ、やっぱり今日も……)総合商社で働く33歳のOL・吉岡由美は、仕事場へ向かう快速電車の中で、いつもの気配を感じていた。毎週月曜のこの時間、満員電車で身動きの出来ない彼女の背後にピタッと張り付き、スカート越しにヒップを撫で回す……要するに痴漢の被害にあっていたのであった。(うぅ、なんか、今日はすごい)痴漢は由美の尻肉を鷲づかみにして、激しく捏ねくり回す。(もしかして濡れてきちゃったかも……)次第に感じ始めていく由美。そのときだった。「よ、吉岡さん、ですよね?」突然、聞き覚えのある声で呼び止められ……。

「月曜の朝、痴漢快速で(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
43ページ (月曜の朝、痴漢快速で)
配信開始日
2019年10月4日 (月曜の朝、痴漢快速で)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad