電子書籍 好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説(もえまん) アダルトマンガ

完結
著: あいる  編集: もえまん 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説1 あらすじ・内容

ある日突然、俺は後輩の女子から告られた。好きでも何でもない子なのだが超巨乳なのである。俺はその日のうちに彼女を自分の家に連れ込んだ。好きでもない相手なのだが、ゆえに性欲の赴くまま、やりたい放題メチャクチャにしてやるという思いが俺の頭をよぎった。そんな俺の想像と共にアレが股間で痛いぐらいに膨らみ、我慢できなくなった俺は、有無も言わさず後ろから彼女に抱きついた!次の瞬間、彼女の口からある言葉が飛び出す。『私…したことないんです』。この言葉が俺を人間から獣へと完全に変えてしまった…。

この作品を共有
  

「好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説(もえまん)」最新刊

ある日突然、俺は後輩の女子から告られた。好きでも何でもない子なのだが超巨乳なのである。俺はその日のうちに彼女を自分の家に連れ込んだ。好きでもない相手なのだが、ゆえに性欲の赴くまま、やりたい放題メチャクチャにしてやるという思いが俺の頭をよぎった。そんな俺の想像と共にアレが股間で痛いぐらいに膨らみ、我慢できなくなった俺は、有無も言わさず後ろから彼女に抱きついた!次の瞬間、彼女の口からある言葉が飛び出す。『私…したことないんです』。この言葉が俺を人間から獣へと完全に変えてしまった…。

「好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説(もえまん)」作品一覧

(2冊)

各110(税込)

まとめてカート

ある日突然、俺は後輩の女子から告られた。好きでも何でもない子なのだが超巨乳なのである。俺はその日のうちに彼女を自分の家に連れ込んだ。好きでもない相手なのだが、ゆえに性欲の赴くまま、やりたい放題メチャクチャにしてやるという思いが俺の頭をよぎった。そんな俺の想像と共にアレが股間で痛いぐらいに膨らみ、我慢できなくなった俺は、有無も言わさず後ろから彼女に抱きついた!次の瞬間、彼女の口からある言葉が飛び出す。『私…したことないんです』。この言葉が俺を人間から獣へと完全に変えてしまった…。

ある日突然、俺は後輩の女子から告られた。好きでも何でもない子なのだが超巨乳なのである。俺はその日のうちに彼女を自分の家に連れ込んだ。好きでもない相手なのだが、ゆえに性欲の赴くまま、やりたい放題メチャクチャにしてやるという思いが俺の頭をよぎった。そんな俺の想像と共にアレが股間で痛いぐらいに膨らみ、我慢できなくなった俺は、有無も言わさず後ろから彼女に抱きついた!次の瞬間、彼女の口からある言葉が飛び出す。『私…したことないんです』。この言葉が俺を人間から獣へと完全に変えてしまった…。

「好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説(もえまん)」の作品情報

レーベル
もえまん
出版社
アド・グッド
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け 完結
ページ数
24ページ (好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説1)
配信開始日
2019年9月13日 (好きじゃない娘とえっちした方が 興奮する説1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad