電子書籍 嫉妬の肌触り(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 蛭田亜紗子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

嫉妬の肌触り 上 私のほうがきっと特別 あらすじ・内容

大学時代の友人である波多野と5年ぶりに会った私。久々に飲んで近況報告をして、それで終わると思っていたが、結局ベッドを共にすることになってしまった。彼には奥さんがいるが、私は恋人と先月別れたばかり。その寂しさがあったからか、彼の肉棒がとても愛おしかった。私の口の中で精子を放出した波多野は、「オナニーしている姿を写真に撮らせてほしい」と言ってきた。彼の望みならどんなことでも叶えたい私は、恥ずかしそうに股を開いて濡れた突起を触って……。

この作品を共有

「嫉妬の肌触り(スコラマガジン)」最新刊

綾乃は6年も付き合っていた彼・和真に別れを告げようとしていた。原因は彼の浮気。偶然覗いた携帯に、水野真理という名前の相手と数回に渡ってメールをした履歴が残っていた。それも自分がいない間に、和真は真理を部屋に泊めていたようであった。しかし、そんな綾乃の思いを露知らず、彼女の身体を求めてくる和真。別れ話のタイミングを逃した綾乃は、彼の愛撫を受け入れてしまう。和真と真理の淫らな行為を想像しながらも、今までにない快感を味わった綾乃は……。

「嫉妬の肌触り(スコラマガジン)」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

大学時代の友人である波多野と5年ぶりに会った私。久々に飲んで近況報告をして、それで終わると思っていたが、結局ベッドを共にすることになってしまった。彼には奥さんがいるが、私は恋人と先月別れたばかり。その寂しさがあったからか、彼の肉棒がとても愛おしかった。私の口の中で精子を放出した波多野は、「オナニーしている姿を写真に撮らせてほしい」と言ってきた。彼の望みならどんなことでも叶えたい私は、恥ずかしそうに股を開いて濡れた突起を触って……。

光生は自分の彼女であるまどかを車に乗せ、いつものようにラブホテルまで送って行った。半年前、「あなたが嫉妬してくれないと私は燃えないの」と彼女に言われた光生。それ以来、まどかがホテルで他の男とセックスしている様子を、携帯電話で聞かされているのだった。「ああっ、そんなところ舐めないで!」。携帯から漏れるまどかの声。ここで予想外のことが起こった。相手の男が電話に出たのだ。まどかのアナル処女を奪っても良いかと聞く男に対し、光生は……。

綾乃は6年も付き合っていた彼・和真に別れを告げようとしていた。原因は彼の浮気。偶然覗いた携帯に、水野真理という名前の相手と数回に渡ってメールをした履歴が残っていた。それも自分がいない間に、和真は真理を部屋に泊めていたようであった。しかし、そんな綾乃の思いを露知らず、彼女の身体を求めてくる和真。別れ話のタイミングを逃した綾乃は、彼の愛撫を受け入れてしまう。和真と真理の淫らな行為を想像しながらも、今までにない快感を味わった綾乃は……。

「嫉妬の肌触り(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
15ページ (嫉妬の肌触り 上 私のほうがきっと特別)
配信開始日
2019年3月22日 (嫉妬の肌触り 上 私のほうがきっと特別)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad