電子書籍 三粒の媚薬(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 大石圭 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

三粒の媚薬 上 隣室の女 あらすじ・内容

彼は35歳。脚本家の夢はとうに破れ、アルバイトを解雇され、家賃を払う金もない。人生に絶望し、自殺することを決意。しかし、マンションから飛び降りようとしたその時、見知らぬ老人に止められる。そして、3粒の媚薬をくれた。「死にたければ、死ぬがいい。だが、その前にこれを使ってみろ」この薬を飲めば、どんな女でも彼に抱かれたくなるという。信じられなかったが、死ぬ前に騙されてみるのも悪くないと試す相手を思案する。思い浮かんだのは隣の部屋に住む水商売風の女だった。見た目は20歳前後。背が高くてとても痩せており、長い髪を金髪に染めている。夕刻になると派手に着飾って出かけて行く女だった。彼と廊下ですれ違っても挨拶すらしてこず、見下したような視線を向けてきていた。試しにその女に媚薬を使ってみると、「抱いて……何も言わずに抱いて……」と迫ってきて……。

この作品を共有

「三粒の媚薬(スコラマガジン)」最新刊

彼は35歳。脚本家の夢はとうに破れ、アルバイトを解雇され、家賃を払う金もない。人生に絶望し、自殺することを決意。しかし、マンションから飛び降りようとしたその時、見知らぬ老人に止められる。そして、3粒の媚薬をくれた。「死にたければ、死ぬがいい。だが、その前にこれを使ってみろ」この薬を飲めば、どんな女でも彼に抱かれたくなるという。最後の1粒を使う相手を探しながらコンビニで働く彼。そんな時、30代後半の和服美女が店に現れた。その美しさに息を飲んだ彼は、おでんをこぼしてしまい、彼女の和服を汚してしまう。店長にこっぴどく怒られ、菓子折を持って謝りに行くことになった。玄関ドアを開けてくれた彼女は洋服に着替えていて、まったく違う雰囲気だった。和服の時よりも若く見えるだけでなく、スタイルのよさも際立った。優しい雰囲気に触れ、傷ついた心をあらわにして泣き出してしまう彼。最後の相手にすることを決め、媚薬を飲ませると、彼女は「何だか、急に……変な気分になってきたわ」とこぼし……。

「三粒の媚薬(スコラマガジン)」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

彼は35歳。脚本家の夢はとうに破れ、アルバイトを解雇され、家賃を払う金もない。人生に絶望し、自殺することを決意。しかし、マンションから飛び降りようとしたその時、見知らぬ老人に止められる。そして、3粒の媚薬をくれた。「死にたければ、死ぬがいい。だが、その前にこれを使ってみろ」この薬を飲めば、どんな女でも彼に抱かれたくなるという。信じられなかったが、死ぬ前に騙されてみるのも悪くないと試す相手を思案する。思い浮かんだのは隣の部屋に住む水商売風の女だった。見た目は20歳前後。背が高くてとても痩せており、長い髪を金髪に染めている。夕刻になると派手に着飾って出かけて行く女だった。彼と廊下ですれ違っても挨拶すらしてこず、見下したような視線を向けてきていた。試しにその女に媚薬を使ってみると、「抱いて……何も言わずに抱いて……」と迫ってきて……。

彼は35歳。脚本家の夢はとうに破れ、アルバイトを解雇され、家賃を払う金もない。人生に絶望し、自殺することを決意。しかし、マンションから飛び降りようとしたその時、見知らぬ老人に止められる。そして、3粒の媚薬をくれた。「死にたければ、死ぬがいい。だが、その前にこれを使ってみろ」この薬を飲めば、どんな女でも彼に抱かれたくなるという。彼は2粒目を使う女を思案し、思い切って高校の同窓会に参加することにした。相手に選んだのは当時思いを寄せていたクラスメイト。美人でもスタイルがいいわけでもなく、レンズの厚いメガネをかけていたが、彼にもいつも優しく接してくれた人だった。二児の母になっても優しそうな彼女に、ケーキを使って媚薬を食べさせようとする彼。しかし、そのケーキを口にしたのは、クラスの人気者・早川恵だった。みんなの憧れで、彼にとっては高嶺の花。今でも美しい彼女が媚薬を口にしたことで……。

彼は35歳。脚本家の夢はとうに破れ、アルバイトを解雇され、家賃を払う金もない。人生に絶望し、自殺することを決意。しかし、マンションから飛び降りようとしたその時、見知らぬ老人に止められる。そして、3粒の媚薬をくれた。「死にたければ、死ぬがいい。だが、その前にこれを使ってみろ」この薬を飲めば、どんな女でも彼に抱かれたくなるという。最後の1粒を使う相手を探しながらコンビニで働く彼。そんな時、30代後半の和服美女が店に現れた。その美しさに息を飲んだ彼は、おでんをこぼしてしまい、彼女の和服を汚してしまう。店長にこっぴどく怒られ、菓子折を持って謝りに行くことになった。玄関ドアを開けてくれた彼女は洋服に着替えていて、まったく違う雰囲気だった。和服の時よりも若く見えるだけでなく、スタイルのよさも際立った。優しい雰囲気に触れ、傷ついた心をあらわにして泣き出してしまう彼。最後の相手にすることを決め、媚薬を飲ませると、彼女は「何だか、急に……変な気分になってきたわ」とこぼし……。

「三粒の媚薬(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
15ページ (三粒の媚薬 上 隣室の女)
配信開始日
2018年1月19日 (三粒の媚薬 上 隣室の女)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad