電子書籍 淫果と種(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 蒼井凜花 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

淫果と種 上 あらすじ・内容

岬涼花は29歳の官能小説家。白い肌、涼しげな瞳、高い鼻梁が印象的で、豊かな黒髪と、ほっそりとした手足からは想像もできない肉感的な乳房は、まるで自分の書く小説の主人公そのものだった。最近は決まって日中は自宅近くの喫茶店で執筆作業をしている。50代半ばのマスターは温厚で、客層も悪くなく、居心地がいい。観葉植物に囲まれた奥の席が涼花の指定席。マスターには恋愛小説を書いていると嘘をついていた。実は毎回、涼花はノーパンで店に来ている。マスターに店で調教される姿を妄想し、密かにアソコをジットリと濡らしていた。シートにシミが付かないか。何かのはずみにスカートがめくれないか。そんな想像をしながら執筆すると筆もはかどるのだった。今日の妄想はこの席で、オ○ンコとアナルを舐め回されるというもの。強引にペニスを口に突っ込まれて恍惚に震える主人公を描いていくが……。

この作品を共有

「淫果と種(スコラマガジン)」最新刊

岬涼花は29歳の官能小説家。最近は決まって日中は自宅近くの喫茶店で執筆作業をしている。50代半ばのマスターは温厚で、客層も悪くなく、居心地がいい。いつも観葉植物に囲まれた奥の席で、アソコを濡らしながらマスターに陵辱されるのを妄想し、小説を書き進めていた。だがその妄想が現実のものに。実はマスターは涼花の著書の読者で、陵辱的な性癖を持っていたのだ。いつもの席で執拗な愛撫を続ける彼。激しい言葉責めでなじると、バックで荒々しく突いてくる。自分の想像を超える陵辱に快感と興奮を覚える涼花。しかし、マスターはさらにその上を行く。ガラスに映った、犯されている自分の姿を見るよう命令され、涼花は身もだえする。さらに彼はアナルにローションを塗りかけてきた。カウンターで四つん這いになる涼花。指、そしてローターをアナルに突っ込まれると、初めての経験に悲鳴をあげ……。

「淫果と種(スコラマガジン)」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

岬涼花は29歳の官能小説家。白い肌、涼しげな瞳、高い鼻梁が印象的で、豊かな黒髪と、ほっそりとした手足からは想像もできない肉感的な乳房は、まるで自分の書く小説の主人公そのものだった。最近は決まって日中は自宅近くの喫茶店で執筆作業をしている。50代半ばのマスターは温厚で、客層も悪くなく、居心地がいい。観葉植物に囲まれた奥の席が涼花の指定席。マスターには恋愛小説を書いていると嘘をついていた。実は毎回、涼花はノーパンで店に来ている。マスターに店で調教される姿を妄想し、密かにアソコをジットリと濡らしていた。シートにシミが付かないか。何かのはずみにスカートがめくれないか。そんな想像をしながら執筆すると筆もはかどるのだった。今日の妄想はこの席で、オ○ンコとアナルを舐め回されるというもの。強引にペニスを口に突っ込まれて恍惚に震える主人公を描いていくが……。

岬涼花は29歳の官能小説家。最近は決まって自宅近くの喫茶店で執筆作業をしている。50代半ばの温厚なマスターには、自分は恋愛小説家だと嘘をついていた。観葉植物に囲まれた居心地がいい席で、アソコを濡らしながらマスターに陵辱されるのを妄想し、小説を書き進める涼花。しかし、お店に原稿を忘れてきて、マスターに自分の書いている物語の内容がバレてしまう。動揺するばかりの涼花。マスターに促されるまま、私室に招き入れられると、そこには彼女の小説がズラリと並んでいた。温厚なはずの彼の裏側には、陵辱系の官能小説を愛するという性癖が隠されていたのだ。今書いている小説の登場人物は自分がモデルなのかと聞いてくるマスター。「あの後、どうなるんだ?」涼花はいつもの席へ行き、小説の続きをするかのように、アソコを舐められ、指を突っ込まれ、イキまくり……。

岬涼花は29歳の官能小説家。最近は決まって日中は自宅近くの喫茶店で執筆作業をしている。50代半ばのマスターは温厚で、客層も悪くなく、居心地がいい。いつも観葉植物に囲まれた奥の席で、アソコを濡らしながらマスターに陵辱されるのを妄想し、小説を書き進めていた。だがその妄想が現実のものに。実はマスターは涼花の著書の読者で、陵辱的な性癖を持っていたのだ。いつもの席で執拗な愛撫を続ける彼。激しい言葉責めでなじると、バックで荒々しく突いてくる。自分の想像を超える陵辱に快感と興奮を覚える涼花。しかし、マスターはさらにその上を行く。ガラスに映った、犯されている自分の姿を見るよう命令され、涼花は身もだえする。さらに彼はアナルにローションを塗りかけてきた。カウンターで四つん這いになる涼花。指、そしてローターをアナルに突っ込まれると、初めての経験に悲鳴をあげ……。

「淫果と種(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
18ページ (淫果と種 上)
配信開始日
2016年4月22日 (淫果と種 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad