電子書籍 母と娘 ふたつの秘悦〈新装版〉(竹書房文庫) 文芸・小説

著: 霧原一輝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

母と娘 ふたつの秘悦〈新装版〉 あらすじ・内容

息子の嫁とその母、
艶女二人とひとつ屋根の下で…

脱サラしてアジア料理店を営む富永修一は、妻に先立たれたが、息子の祐介と嫁の景子、離婚して独り身の景子の母・亜矢子も迎え入れて四人で暮らしていた。そんな中、息子が長期出張になり、家は修一と母娘の三人に。23歳で清楚な若嫁の景子と43歳で豊熟の色香を放つ亜矢子、美貌の母娘に修一は惹かれていく。さらに、二人は修一の店を手伝い始め、ベトナムの民族衣装「アオザイ」を身にまとい、セクシーな姿で給仕をするようになる。修一は母娘にますます魅了されていき、遂には…。
若肌と熟肌が誘う絶頂! 禁断回春エロスの名作が新装版で登場。

この作品を共有

「母と娘 ふたつの秘悦〈新装版〉(竹書房文庫)」最新刊

息子の嫁とその母、
艶女二人とひとつ屋根の下で…

脱サラしてアジア料理店を営む富永修一は、妻に先立たれたが、息子の祐介と嫁の景子、離婚して独り身の景子の母・亜矢子も迎え入れて四人で暮らしていた。そんな中、息子が長期出張になり、家は修一と母娘の三人に。23歳で清楚な若嫁の景子と43歳で豊熟の色香を放つ亜矢子、美貌の母娘に修一は惹かれていく。さらに、二人は修一の店を手伝い始め、ベトナムの民族衣装「アオザイ」を身にまとい、セクシーな姿で給仕をするようになる。修一は母娘にますます魅了されていき、遂には…。
若肌と熟肌が誘う絶頂! 禁断回春エロスの名作が新装版で登場。

「母と娘 ふたつの秘悦〈新装版〉(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
280ページ (母と娘 ふたつの秘悦〈新装版〉)
配信開始日
2018年11月22日 (母と娘 ふたつの秘悦〈新装版〉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad