電子書籍 読者体験告白手記 アダルトマンガ

著: 赤木惇 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

読者体験告白手記 1 人妻OL、絶倫同僚のヘンタイプレイ あらすじ・内容

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白手記 1 人妻OL、絶倫同僚のヘンタイプレイ』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】私は今、同僚の田崎さんのモノを彼の婚約者の目の前で一生懸命フェ○チオしてあげてるんです。どうしてこういう事になったかというと…。婚約者の絵美子は田崎が変態だと言う。田崎に聞くと、フェ○チオをして欲しいと言っただけだと言う。どうやら絵美子のほうに問題があるらしい。田崎に「SEXとはどんなものか教えてあげて欲しい」と頼まれた私は、絵美子の前で実演する事になった訳です。演技だと言う絵美子に「嫌々だったらこんなに濡れる訳ないだろ!!」

この作品を共有
  

「読者体験告白手記」最新刊

「教えてやってもいいが、タダという訳にはな…」「…いいわ」家出した少女の行方を聞き出すため、仕方なかったんです。男は舐めるような視線で私の体を見つめると、ホテルの廊下で私を全裸にしたんです。「そのまま俺の部屋まで来い。運がよければ誰にも会わないだろうが、会ったのが男なら罰としてその男のモノを咥えろ!」と命じて。そんな…ホテルの廊下で出会った男のモノを突然しゃぶらなきゃいけないの? 運悪く出会ってしまったカップルに、男たちのモノを舐めさせてと頼む私は完全に変態女か、AVの撮影だと思われたみたい。積極的に咥えると、最初は及び腰だった男も興奮して口の中にたっぷり出されて…。私のアソコも熱く潤んできて!?

「読者体験告白手記」作品一覧

(7冊)

495〜605(税込)

まとめてカート

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白手記 1 人妻OL、絶倫同僚のヘンタイプレイ』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】私は今、同僚の田崎さんのモノを彼の婚約者の目の前で一生懸命フェ○チオしてあげてるんです。どうしてこういう事になったかというと…。婚約者の絵美子は田崎が変態だと言う。田崎に聞くと、フェ○チオをして欲しいと言っただけだと言う。どうやら絵美子のほうに問題があるらしい。田崎に「SEXとはどんなものか教えてあげて欲しい」と頼まれた私は、絵美子の前で実演する事になった訳です。演技だと言う絵美子に「嫌々だったらこんなに濡れる訳ないだろ!!」

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白手記 2 W不倫、バックであんあん、お口にタップリ!!』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】日曜日に従姉妹の里緒菜が旅行のお土産を持って遊びに来たんです。彼女、先月に結婚したばかりなんです。「ハネムーンはどうだった?」「そりゃあ最高よォ」「特に夜はね」「いや~ねェ、新婚って恥じらいってものが無いんだから」「失礼ねェ、私達なんか羞恥心がある方なんだから。今の人達って凄いわよォ。みんなもうォあっちこっちで!! まず成田を飛び立ったとたん毛布を借りてペッ○ィングを始めちゃうカップルもいるし、中には毛布に頭を突っ込んで…」

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白手記 3 不倫新妻の絶倫プレイ』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】わが探偵社に1人の男が相談に来た。年末年始にハワイに新婚旅行に行った時、妻がいきなりアレを口に含んだので驚いたのだ。「それ以上されたら我慢が」と言うと「我慢しなくて良かったのに」と言う。たまらず挿入し激しく出し入れし、1回戦を終えると「ねえン」とおねだり。「少し休んでからにしようよ」「大丈夫、私に任せて。うふふッ」絶妙な舌使いで夫のモノを勃起させると、上に跨って自ら挿入し激しく腰を動かす。「それで?」私は聞いた。「彼女は少し慣れ過ぎている感じがするんです」

「読者体験告白手記」の作品情報

レーベル
アネ恋♀宣言
出版社
秋水社ORIGINAL
ジャンル
アダルトマンガ 女性向け レディースコミック
ページ数
79ページ (読者体験告白手記 1 人妻OL、絶倫同僚のヘンタイプレイ)
配信開始日
2020年3月1日 (読者体験告白手記 1 人妻OL、絶倫同僚のヘンタイプレイ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad