電子書籍 劇場版『人妻二重生活』―――二つ目のドア(レジェンド文庫) 文芸

著: 金田敬  著: 夢野まりあ  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

劇場版『人妻二重生活』―――二つ目のドア(レジェンド文庫) あらすじ・内容

――door to door・・・・ 私って欲張りですか?

IT企業の貞淑な社長夫人・恵。
テニスのインストラクターから求婚され、人妻だとは言えなく、
夜は銀座のママをしていると嘘をつき続け、二重生活を楽しんでいた。

しかしある日、夫の秘書に二重生活を楽しんでいるところを目撃されてしまい・・・。
今の生活を離したくない恵が起こした作戦とは…?


★冒頭
九月になるというのに何故こんなに暑いのだろう、と恵は思った。
もわっとした空気が体を包み込む。
少し歩いただけで汗が出てくる。

恵はハンカチで首筋の汗を拭った。
もう片方の手には買い物袋が下げられている。
汗を拭ったばかりなのに、次から次へと汗が吹き出し頬を伝い地面を落ちていった。
今日は第三金曜日。
夫の陽平と月に一度の約束の日だ。
早く帰って夕飯の支度をしなくちゃいけない。
恵は西日の差し込む新宿を足早に去っていった。

恵は陽平と目黒のマンションに住んでいる。
結婚してから十年の歳月が経った。
陽平はIT企業の社長だ。
家にいることはほとんどないが、恵は不満を感じたことは一度もない。
そんなことを掲示板に書き込んだら苦情が来ちゃうかもしれない。
でも本当にそうなのだ。
お金に困ることはないし、自由な時間も持てている。
恵は束縛されることに抵抗はない方だが、自由にさせてくれるならそれでいい。

ただ、セックスの方は月に一度だけだ。
そう、第三金曜日。

陽平は何事にもキッチリと決めないと嫌なタイプだ。
だから月に一回だけと決めたのかもしれない。
恵はセックスを決まったときにしかしない、ということに疑問を感じるところもあった。
だが陽平にとってはそういうものなのだ。
一緒になった人の考え方にとやかく言うのは無意味なことだ。
結婚するということはそういうことなのだ。

恵はシャワーを浴び終えると陽平のベッドに入り込んだ。
陽平は隣で規則正しい息をして仰向けになっている。
カチッ、カチッ。
時計の針の音がやけに大きく聞こえる。
陽平の体が恵の方へと向いた。
陽平は恵の服をゆっくりと脱がせていく。
いつもそうだ。
動作はゆっくりと、でも的確に。
陽平は服を脱がせると、その手を恵の乳房へと伸ばした・・・・。
―――続きは本書で。


■目次

・一 二つ目のドア

・二 愛人

・三 ワガママな人

・四 思惑

・五 誘惑

・六 新しい扉

■監督 金田敬
■主演 夢野まりあ
■脚本 箱田森介
■ノベライズ著者 なかむらまい

この作品を共有

「劇場版『人妻二重生活』―――二つ目のドア(レジェンド文庫)」最新刊

――door to door・・・・ 私って欲張りですか?

IT企業の貞淑な社長夫人・恵。
テニスのインストラクターから求婚され、人妻だとは言えなく、
夜は銀座のママをしていると嘘をつき続け、二重生活を楽しんでいた。

しかしある日、夫の秘書に二重生活を楽しんでいるところを目撃されてしまい・・・。
今の生活を離したくない恵が起こした作戦とは…?


★冒頭
九月になるというのに何故こんなに暑いのだろう、と恵は思った。
もわっとした空気が体を包み込む。
少し歩いただけで汗が出てくる。

恵はハンカチで首筋の汗を拭った。
もう片方の手には買い物袋が下げられている。
汗を拭ったばかりなのに、次から次へと汗が吹き出し頬を伝い地面を落ちていった。
今日は第三金曜日。
夫の陽平と月に一度の約束の日だ。
早く帰って夕飯の支度をしなくちゃいけない。
恵は西日の差し込む新宿を足早に去っていった。

恵は陽平と目黒のマンションに住んでいる。
結婚してから十年の歳月が経った。
陽平はIT企業の社長だ。
家にいることはほとんどないが、恵は不満を感じたことは一度もない。
そんなことを掲示板に書き込んだら苦情が来ちゃうかもしれない。
でも本当にそうなのだ。
お金に困ることはないし、自由な時間も持てている。
恵は束縛されることに抵抗はない方だが、自由にさせてくれるならそれでいい。

ただ、セックスの方は月に一度だけだ。
そう、第三金曜日。

陽平は何事にもキッチリと決めないと嫌なタイプだ。
だから月に一回だけと決めたのかもしれない。
恵はセックスを決まったときにしかしない、ということに疑問を感じるところもあった。
だが陽平にとってはそういうものなのだ。
一緒になった人の考え方にとやかく言うのは無意味なことだ。
結婚するということはそういうことなのだ。

恵はシャワーを浴び終えると陽平のベッドに入り込んだ。
陽平は隣で規則正しい息をして仰向けになっている。
カチッ、カチッ。
時計の針の音がやけに大きく聞こえる。
陽平の体が恵の方へと向いた。
陽平は恵の服をゆっくりと脱がせていく。
いつもそうだ。
動作はゆっくりと、でも的確に。
陽平は服を脱がせると、その手を恵の乳房へと伸ばした・・・・。
―――続きは本書で。


■目次

・一 二つ目のドア

・二 愛人

・三 ワガママな人

・四 思惑

・五 誘惑

・六 新しい扉

■監督 金田敬
■主演 夢野まりあ
■脚本 箱田森介
■ノベライズ著者 なかむらまい

「劇場版『人妻二重生活』―――二つ目のドア(レジェンド文庫)」の作品情報

レーベル
――
出版社
キニナルブックス
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
77ページ (劇場版『人妻二重生活』―――二つ目のドア(レジェンド文庫))
配信開始日
2018年5月18日 (劇場版『人妻二重生活』―――二つ目のドア(レジェンド文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad