電子書籍 痴覚の扉(グループ・ゼロ) アダルトマンガ

完結
著: 冨田茂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

痴覚の扉 1 あらすじ・内容

初美は母と長一郎の性交を目撃し動揺していた。長一郎は未亡人である綾と性交しながら、助清の法事を機会に自分の所へ来ないか誘っていたのだ。初美は2人の痴態に嫌悪しながらも自慰行為を抑えられないでいた。そんなとき初美は死際の祖父喜一から、死んだ助清は本当の父ではないと知らされる。喜一は「長一郎には気をつけろ」と残し息を引き取った。喜一が亡くなると、長一郎はますます毎日のように綾の所に通い、娘初美の前だろうが犯しつづけ…。

この作品を共有

「痴覚の扉(グループ・ゼロ)」最新刊

初美は母と長一郎の性交を目撃し動揺していた。長一郎は未亡人である綾と性交しながら、助清の法事を機会に自分の所へ来ないか誘っていたのだ。初美は2人の痴態に嫌悪しながらも自慰行為を抑えられないでいた。そんなとき初美は死際の祖父喜一から、死んだ助清は本当の父ではないと知らされる。喜一は「長一郎には気をつけろ」と残し息を引き取った。喜一が亡くなると、長一郎はますます毎日のように綾の所に通い、娘初美の前だろうが犯しつづけ…。

「痴覚の扉(グループ・ゼロ)」作品一覧

(3冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

初美は母と長一郎の性交を目撃し動揺していた。長一郎は未亡人である綾と性交しながら、助清の法事を機会に自分の所へ来ないか誘っていたのだ。初美は2人の痴態に嫌悪しながらも自慰行為を抑えられないでいた。そんなとき初美は死際の祖父喜一から、死んだ助清は本当の父ではないと知らされる。喜一は「長一郎には気をつけろ」と残し息を引き取った。喜一が亡くなると、長一郎はますます毎日のように綾の所に通い、娘初美の前だろうが犯しつづけ…。

初美は母と長一郎の性交を目撃し動揺していた。長一郎は未亡人である綾と性交しながら、助清の法事を機会に自分の所へ来ないか誘っていたのだ。初美は2人の痴態に嫌悪しながらも自慰行為を抑えられないでいた。そんなとき初美は死際の祖父喜一から、死んだ助清は本当の父ではないと知らされる。喜一は「長一郎には気をつけろ」と残し息を引き取った。喜一が亡くなると、長一郎はますます毎日のように綾の所に通い、娘初美の前だろうが犯しつづけ…。

初美は母と長一郎の性交を目撃し動揺していた。長一郎は未亡人である綾と性交しながら、助清の法事を機会に自分の所へ来ないか誘っていたのだ。初美は2人の痴態に嫌悪しながらも自慰行為を抑えられないでいた。そんなとき初美は死際の祖父喜一から、死んだ助清は本当の父ではないと知らされる。喜一は「長一郎には気をつけろ」と残し息を引き取った。喜一が亡くなると、長一郎はますます毎日のように綾の所に通い、娘初美の前だろうが犯しつづけ…。

「痴覚の扉(グループ・ゼロ)」の作品情報

レーベル
マンガの金字塔
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
アダルトマンガ 男性向け おとなマンガ 完結
ページ数
218ページ (痴覚の扉 1)
配信開始日
2017年12月8日 (痴覚の扉 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad