セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

マンガ・雑誌 読み放題スタート

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『藍川京(文芸・小説)』の電子書籍一覧

1~8件目/全70件

後へ

著者
藍川京

シリーズ6冊  各110(税込) シリーズ

妻の日記に書かれた秘事…。半年前から妻の様子がおかしいと思っていた栄介は、不倫の証拠となる日記を見つけてしまう。そこには間男との痴漢ごっこや破廉恥きわまりない行為が綴られていた――。人気作家が競作する性の聖典(バイブル)『秘典』収録、楚々とした美人妻から溢れだした欲望。

続きを読む

予約

火の花

火の花 コインUP

著者
藍川京

715(税込)  

4/9(木)配信予定

淡い匂いが、やがて濃厚に立ちのぼる──
女たちの秘めた渇きが運命の出会いを鮮やかに彩る珠玉の短編集!

竹工芸職人の父をもつ紀子は、父の弟子・蒼馬にずっと想いを寄せていた。しかし、彼は五年前に突然姿を消し、行方知れずになっていた。蒼馬への想いを秘めたまま結婚し、生活を送っていた紀子だが、ある日思い立ち、彼を探しに鎌倉へ向かう。そこでやっと蒼馬を見つけた紀子。想いの丈をぶつけると、獣のように欲望をあらわにした彼に唇を塞がれる。秘園をまさぐられる羞恥を感じながらも、紀子は女としての悦びに酔いしれていき……。渇望していた男との淫らな行為に悶え喘ぐ女の情欲を描く表題作のほか、短編五本に書き下ろし作品を加えて贈る、七つの極情エロス!!

【目次】
今夜は感じすぎるの
小紫
かすむ海
鏡草
火の花
京都の夜
クララ

続きを読む

小紫

藍川京
イラスト
佐藤ヒロシ

110(税込)  

フード会社の社長である佐武はずっとこの日を待っていた。1年前に突然死した部下の未亡人・青木悠香子が家にやってくるのである。彼女と初めて会ったのは10年前。結婚報告を受けた時だ。当時、27歳だった悠香子は上品でいながら、獣欲を刺激する美しさで、佐武は一目で魅了された。部下に嫉妬を覚えたほどである。一周忌を終えたこのタイミングで彼女を自宅に招いた。佐武の妻は旅行で不在だった。37歳になった悠香子は着物姿で現れる。濃紺を基調にしているものの、黄色や赤も入っている細い縦縞の着物に、浅葱色の帯を江戸紫の帯締めで整えた悠香子は、周囲の景色がぼんやりとするほど際立っていた。佐武は言葉巧みに彼女の欲求不満を刺激し、淫らな顔を引っ張り出すと、あえて本番はせず、手や口で愛撫していき……。

続きを読む

梅雨の花

藍川京

110(税込)  

36歳の人妻・千菜津は、夫の作った借金を立て替えてもらうため、その相手である跡部という初老の男と月に一回、大人の関係を持つ約束をするのだった。身体を捧げる覚悟を決めた千菜津であったが、予想に反して跡部はなかなか手を出してこなかった。焦らされた熟女の肉体は徐々に疼き始めていく。ようやく手を出してきた跡部の愛撫に、過敏に反応してしまう千菜津。「お願い……もっと……」乳首を軽くつままれただけでは物足りなくなった人妻はおねだりを始め……。

続きを読む

藍川京

110(税込)  

73歳の塩谷は、三条寺家の執事を30年以上も務めていた。現在の主である38歳の貴博のことは、子供の頃から面倒見ていただけに、塩谷にとっては自分の息子のような存在であった。その貴博も3年前に結婚。25歳の嫁・萌花はお嬢様育ちで世間知らずなところもあるが、気立ての良い可愛いらしい娘だった。そんな折り、貴博が仕事で半月ほど海外へ出かけてしまう。すると萌花から「寂しいから一緒にベッドで寝てほしい」とお願いされる。さすがにそれは出来ないと拒んだ塩谷は、萌花にある提案をする。「自慰をしてみるのはいかがでしょう?」

続きを読む

京都の夜

藍川京
イラスト
佐藤ヒロシ

110(税込)  

38歳の人妻・真奈花は1人で京都の氷室池にやってきた。そこで、鯉を見つめていると、1周り年下の鷹野秀二から声をかけられる。写真を撮らしてほしいのだという。すぐに意気投合した2人。本来なら夫が合流するはずだったが、仕事で来れないと電話がかかってきた。数年前から夫には愛人がいるようだが、真奈花は気づかないふりをしている。それでも、情欲に火が点き、欲求不満になる一方だった。そんな彼女を姉扱いしてもてなしてくれる秀二。誘われるがまま、真奈花は秀二の家へ。「俺、年上しか好きになれない。変かな」。そう告白され、秀二に唇を塞がれる。淫らな気持ちが燃え上がり、すでにアソコをグッショリと濡らした真奈花。シャワーを浴びたあと、そこを舐め回された。「あう……オクチ、好き。好きよ……」。真奈花は今まで味わったことのないような快感に襲われ……。

続きを読む

鶴乃の恩返し

藍川京
イラスト
藤井祐二

110(税込)  

鳥井は33歳。仕事を辞めて、田舎に帰ることになり、残り少ない東京の夜を満喫しようと考えた。行きつけの店を回り、月に1度は通っていた小料理屋にも顔を出す。いつもの女将は不在。代わりに鶴乃と名乗るアルバイトが応対してくれた。浴衣姿とはいえ、着慣れているとわかる。アップの髪が涼しげで愛嬌がいい。紅を塗った唇が色っぽく、切れ長の目もまぶしかった。30代半ばに見えたが、四十路間近だという。鳥井は楽しく酒を飲んでいたが、洗面所に入った際、突然、暴漢がお店に飛び込んできた。鳥井は柔道仕込みの寝技で取り押さえる。警察によれば、閉店間近の女性を狙う常習犯らしい。犯されそうになったのを助けられたと感謝しきりの鶴乃。家に来ないかと誘われた鳥井は、そのまま深い関係となり……。

続きを読む

薫り

著者
藍川京
著者
草凪優
著者
館淳一
著者
牧村僚
著者
睦月影郎

605(税込)  

読み方こそ違っているが、同じ「薫」という名を持つ高校の同級生に思いを寄せていた石戸薫は、十三年ぶりに再会し人妻となっていた相手から、意外な事実を告げられる(「カオルとカオリ」)など、第一線の人気作家による書き下ろし官能アンソロジー。

続きを読む

ジャンル
文芸・小説
レーベル
双葉文庫
出版社名
双葉社

後へ

1~8件目/全70件

一般館に書籍が 11 件あります。

移動して表示

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです