セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

『恋愛、その他(レーベルなし)(アダルトマンガ、文芸・小説)』の電子書籍一覧

1 ~60件目/全210件

  • Twitterとpixivfanboxで連載している「先輩は着替えができない」の商業単行本後の続きを修正し、描き下ろし漫画を4ページ追加してまとめた同人誌です。
  • シリーズ3冊
    264(税込)
    著:
    prhs
    レーベル: ――
    出版社: 電書バト

    「何が…どうなってるんだ カナは俺の…彼女なんだぞ……っ!
    ―15年前の冷夏、暗い部屋、テレビの砂嵐に照らされて映るのは最愛の彼女の白い素肌と赤く脹れた頬、白濁した精液――……。
    リョウは、入学式で再会した校内一の美人になった幼馴染のカナに告白され有頂天。誰もが羨むカナとの初デートでは狭い漫画喫茶の片隅で二人だけの秘密の時間に。しかし夢のような時間は彼女の秘め事の目撃を境に悪い方へと流れていき……?15年前に残してきた彼女の幻影(かげろう)を辿っていく。
  • シリーズ2冊
    4401,980(税込)
    著:
    八切そう
    レーベル: ――

    レズ・女同士の成人向けフルカラー漫画を複数収録。
    女子高生からお姉さんまで、いろいろなカップルのイチャイチャシーンも多数。
    女性同士のエッチな作品に興味のある方必見の漫画作品。
  • 『一枚上手』自分の部屋に居座る妹・夏美が邪魔でしょうがない兄。ついに睡眠薬を飲ませてエロDVDを鑑賞しようと目論む。ところが妹は薬を飲んでおらず、狸寝入りを決め込んでいた。そんな妹にちょっかいを出す兄。それはだんだんエスカレートしていき…。(原題:『好きで好きで、すきで THE ANIMATION Pretty.1『一枚上手』&『浮空』』)※この作品はオムニバス作品です。
  • 生まれつきふたなりの女性・メイは、幼馴染の女の子・ヒナにずっと片想いをつづけてきた。
    進学後に上京していたメイは休暇で地元に帰省するが、そこにヒナはいなかった。
    メイには何も言わずにヒナも上京していた。
    呆然としながら帰りの電車を降りたメイ。
    ふと立ち寄った喫茶店にいたのは――!?

    生えてる×生えてない、両想い初夜のお話です。
    web上で数ページずつ投稿した作品をひとまとめにしたものです。

    本文30ページ(+表紙1P、事務ページ3P)

    ※同人誌です
  • 地味だけど胸が大きくてクラスのアイドルな委員長と裏でイチャイチャする話です。
    クラスの男子にエロい目で見られていると知りながら、裏ではたくさんイチャイチャします。
    あまあまなえっちから露出プレイなどいろいろします。
  • 大学に入って初めて出来た女友達はぐいぐい距離を詰めてくる子で気づけばいつのまにか一緒に寝る仲になってた話です。
    くっついてくるけど本当は初な女の子とイチャイチャをお楽しみください。
  • ドラマティックなエロスが萌える!アキバSHOP店長・裕二と生き抜く為ジュニアアイドル目指す少女達とのめくるめくウレシイ展開に大興奮の作品です。
  • 女々しいつくし系男子アクと今どき男子スウ。
    アクは尽くしてくれて優しいがちょっと激しさが足りない…。
    自分から誘ってこないアクを試すようにスウがあざとく誘惑し始める。
    付き合いたての2人のいちゃいちゃセックス話です。
    「めめしいアクとあざといスウ」と言う商業作品の番外編にあたりますが、これのみでも読める内容です。(特に本編ネタバレや説明以上の設定はありません)
  • 220(税込)
    著者:
    桃尻すもも
    レーベル: ――
    出版社: リブレ

    とある町の不思議な図書館。セクシーなイケメンコンシェルジュの案内で、並び立つ書棚の奥深くに誘い込まれれば、貴女は誰にも知られず、はしたない快感に溺れることができるのです。さあ、あなたも征服と服従の快楽図書館へいらっしゃい……。
  • 220(税込)
    著:
    時藁
    レーベル: ――

    英国有名大学で成績優秀・人柄良し・女子受け良しのジヤックが、同じ大学の成績優秀・根暗な手袋男子のストーカーに振り回される―…

    BLハッピーエンドで終わります!それまでギャグだったり、切なかったり甘かったり、微エロだったりします。
  • 未経験の淫魔が人間にセックスを仕込まれる話。
    人間界で迷った淫魔の「ゼロ」。
    あまり深く考えず、人間の男についていった結果、風俗で働けるようセックスを仕込まれる。
    イラマ、潮吹き、着エロなど。
  • シリーズ3冊
    165(税込)
    著:
    レーベル: ――

    自分を偽り続ける樹
    静かなる支配者敦彦
    居場所を求める新
    それぞれの視点で語るドムサブストーリー

    sub二人とDom一人、それぞれの視点でお話が進みます。

    【domsubユニバース】
    最初ドムサブと3Pが描きたいなと思い、できたお話です。あまりdomsubしていないです。
    それぞれが何を思いどこに向かうのか…。
    少し可哀そうなシーンもありますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。完走頑張ります。

    ※pixivに無料で載せている話と同じで、特におまけページ等もございません。ご了承ください。

    1話・2話まとめて全26ページ
  • 〝陸奥芸術工科大学〟に通う主人公・翔斗(しょうと)は、同じ夢を見続けていた。
    相手は決まって同じであり、翔斗が嫌う人物。
    顔を合わせればちょっかいばかり掛けてくる同級生・大和(やまと)である。

    翔斗は何故か、大和と【セックス】している夢を見続けていたのだった――…!

    嫌よイヤよも好きのうち!?
    可愛い子ほど虐めたい男・大和
                  × 
                   塩対応は大和限定!・翔斗の
    ケンカップルセックス!

    夢でイかされ
    現実でもイかされる――
    ◆ハート喘ぎあり
    ◆結腸責め
    ◆断面図あり

    ※個人発行の同人誌です。表紙を完全書き下ろし、本文も加筆修正しております。※
  • 「リセット地点でまちあわせ」番外編。

    高校卒業後の春休み、直生(なお)から家に泊まりにこないかと誘われ、初めて二人きりで過ごす夜に期待して浮かれる美祈(みのり)。
    我慢しきれず男も抱けるのか聞くと、直生からは「焦らなくていい」と言われるが……

    付き合い始めたばかりの二人のいちゃいちゃ初夜本です。

    本文46p収録
  • 二次元のキャラクターエルが現実世界に突然現れ分からないと白を切るが、
    「会いに来た」と再度伝えられる
    彼らの目的は?彼が来た理由とは?
    社畜の翔悟とイラスト二次元キャラクターのエルの不思議な物語
  • 「それほど俺に会いたかったんだ?寿人くん好かれてんなー」

    大学生の寿人は、仲のいい同級生と動画配信グループをしているちょっとした有名人。
    そんな折、同窓会があると知り、家が近くて親友だった三佐雄に久しぶりに会ってみたい……。
    ただそれだけの理由で地元の同窓会に顔を出す。
    久しぶりにあった三佐雄は昔のように寿人に優しく、動画配信のため共に地元で有名な廃墟に赴くことに。

    「寿人も一緒にここで見ただろう」
    そこには寿人が忘れていた哀しい過去があった。

    大人びていて一途な僧侶とはっちゃけイマドキ兄ちゃん、正反対な性格の二人の過去とは―――…



    ◇本編50ページ他、本編後日談のショート漫画も収録。
  • 基本引きこもって暮らす幸隆は欲求不満で夜にハッテン場になる場所に向かうことにした。
    慣れない雰囲気に戸惑っている幸隆に声をかけたのは、教育実習生時に幸隆が担当したクラスの生徒、志熊だった。
    慕ってくれていた志熊に誘われ、困惑していたら痺れを切らした志熊に押し倒されてしまい……!?

    「先生の夢、俺のせいで壊れちゃったのに。可愛そうに」
    性に奔放で御託はいいから早くセックスしたい!!!な元生徒の志熊くんと根暗だけど性欲に忠実で快感によわよわ♡な元教育実習生幸隆先生のワンナイトアフターBL!
  • このお話は尿道をビリビリさせて、受けちゃんを泣かせたいと思い作ったお話です。
    【本作は個人制作の同人誌です】
    pixivにのせていたものに二人のエッチシーンを少し付け足しましたので、途中から少し絵柄が変わっているかもしれません。
    ご了承ください。

    ※今回の尿道プレイ、レビュー読んだ感じと大部分が妄想で作られております。
    実際にやられる方へ、尿道はデリケートな場所ですので傷つきやすく感染のリスク等もあります。
    清潔な場所・清潔な器具・手洗い消毒十分配慮してお楽しみください。
    自己責任でお願いします。
    それではよい尿道ライフを。

    本文46P、表紙1P、後描き1Pです。
  • 甘党男子×辛党男子が深夜3時にベットからぬけだして、真夜中のアイスクリームを食べるおはなし。
    「俺は、俺だけのアイスクリームが欲しいんだ」溶けそうなふたりの夜。
  • タチ同士で親友の和臣(かずおみ)と迅(じん)。
    ある日いつものようにゲイバーで和臣は恋愛の悩みを打ち明けていた。
    迅は優しく聞いてくれる。
    「お前がネコだったら とっくに惚れてんのになぁ」和臣の何気なく発した言葉が、迅の想いに火をつけて…!?
    タチ同士のふたりが親友から恋人になるまでのお話です。
  • 銀次と千太郎とは小さい頃から一緒にいた。
    病弱で引っ込み思案、いつも銀次の後ろに付いてきていた千太郎は、いつしか銀次のことを揶揄うほど心を開いていった。

    そんなある日、銀次は部活中に怪我をしてしまう。
    変に張り切った千太郎に看病をして貰うことになるが……

    「今日銀次は動かなくていいから…いつも俺のお世話してくれる恩返しってことで!」
    ってそっちの看病のことかよ!?と戸惑いつつも、千太郎くんの誘い受けに耐え耐えの銀次が辛抱たまらなくなり……!?なイチャイチャ看病BL!
  • 男慣れしてない清楚な先輩だと思っていたのに……!

    憧れの鬼の美少女、まお先輩を追いかけて入学した史乃(ふみの)。
    念願の恋人関係になるも、なぜか距離を置かれてぎこちない関係が続くことに。
    しかし、ある日を境にまお先輩の「性欲」のタガが外れ、彼女の「メス」の部分を知る事に…!

    果たして二人の恋愛の行方は…?暴走する鬼娘の性欲に史乃くんは受け止め切れるのか…?

    鬼娘特有の性欲衝動に我慢し続ける清楚系美少女先輩と、その先輩に恋したムッツリすけべな青少年、史乃くんとの少し不器用な恋愛模様を特濃えちえちな不純性交遊を交えた「鬼ラブ」ストーリー、第一巻!
  • シリーズ6冊
    330660(税込)
    著:
    ぞう工場
    レーベル: ――

    人嫌いの山田が出会い系で出会った相手がまさかの会社の同僚だった。
    一度きりの遊びと踏んで一夜を過ごしたが、その後も誘ってくる同僚の瀧宮。
    地味な山田が陽キャ瀧宮に振り回されながらも関係は切れず…
  • 220(税込)
    著:
    川中めぐ
    レーベル: ――

    食品スーパーで働く嶋田灯呂はひょんなことで知り合ったリョウという名のセフレがいる。
    半同棲のような状態だが灯呂はリョウにとって数名いるセフレの1人と思っていて・・・。
    リョウはどう思ってるのかなんとなく聞けずに早数年・・・。
    そんな二人のお話です。
  • 秋那くんが鈴也くんに対して思うように素直になれず悩んでいる
    時にある出来事がきっかけに初めて2人がギクシャクするお話です。
    基本的にはらぶらぶイチャコラしています。
  • 二人の出会いは十年前。
    実直な年下ハルと少し足が不自由だけどおっとり優しい年上チカは現在同棲中。
    いつもと同じ朝、平和な一日の始まり、でもハルはチカに内緒であることを計画します。
    特別な日にしようと張り切るハルだけど___
    忘れられない一日の始まりです。

    大事な人を当たり前のように大事にしたい。
    そんな二人のこれまでを振り返りながらこれからを見つめる愛情たっぷりなお話です。


    ※同人コミックとして描いていた1話~4話に番外編5話を含め一冊にまとめた作品になります。
  • 440(税込)
    著:
    モモイ
    レーベル: ――

    10歳年上の従兄弟のお兄ちゃん、綺麗でカッコよくてなんでもできる凌ちゃんに、ずっと片想いしている慶太。
    クソでか感情をお互い抱えてる両片想いのお話です。
  • 受けはSub Dropしない、Sub Spaceにも入らない、特殊なSub。
    そのSub性を利用して「レンタルSub」として働いている。ある日、自分をレンタルした大学生のDomはコマンドを出すことができないという悩みを抱えていて…。
  • 165(税込)
    著:
    高杉桂
    レーベル: ――

    商業BL「ひとめぼれ伯爵と記憶をなくした人魚姫 」番外編。
    レイモンドがパブリックスクールに通っていた頃の「1シリングの椿姫」という話の一部です。
    ハロウィーンパーティーの話。
    成人描写がございますのでご注意ください。
  • 幼馴染の大学生、丹波と播磨のゆるい同棲生活。
    マイペースで自分勝手な丹波は幼馴染の播磨に恋をしている。
    そんな丹波に圧され流され、いつの間にか押し倒されている播磨は今日も頭を悩ませていた。
    二人の可愛い妹との関係も交えた穏やかでちょっとえっちな日常の物語。
  • 高校1年生の宇佐原優は教師の虎丸賢也とおつきあいをしている。
    虎丸先生は顔が怖いことを気にしており、生徒からも目が見れないと怖がられいる。
    しかし優にとっては可愛い子猫ちゃんで。DKがコワモテ教師を溺愛するお話。
  • 不動産会社に入社した新島は、出社初日に配属先の支店長の小鳥遊に一目惚れをするが彼は既婚者だった。
    落ち込込みながらも空き物件の室内写真を撮りに行った時、もう一人の上司の古川に支店長への気持ちを指摘され…
    惚れっぽい新入社員×バリネコ上司の年の差ラブ。
  • 巨乳で美人なお姉さん、通称サイコレズ先輩。
    彼女はウラ動画サイトで女の子とのエッチな動画を投稿して、人気を博している。

    自身のチャンネル登録者100万人を祝して
    【サイコレズ先輩をイかせたら1000万円】という新企画を立ち上げる。
    しかし応募してきたのはなんと元いじめっ子の幼なじみでー?!

    因縁の相手とのぜったいに負けられないガチンコレズセックスバトル、前編!


    本文23ページ
  • シリーズ3冊
    385495(税込)
    著:
    阿路乃もと
    レーベル: ――

    「世界は『偽物』で できている」
    初恋の人、涼士(りょうじ)に「都合の良い相手」と吐き捨てられ、信じられるものを何もかも失くしてしまった要(かなめ)。
    家にも学校にも居場所がなく自暴自棄になっていた要に、優しく手を差し伸べてくれたのは同級生の昭人(あきと)だった。
    人間は皆、嘘つきで、この世は上辺だけの世界だと心を暗く閉ざしていた要は、昭人の優しさに触れて温かい心を取り戻していく。
    「友達になりたい」と優しく抱きしめてくれた昭人に恋心を抱く要だったが、昭人には恋をしている人がいて…
    切なくも優しい、ヒューマン・ラブストーリー。
  • 中学生になって友達は、恋愛やHな話ばっかり。そういうの一切興味ないし、嫌悪感さえある。
    マンガの話をしたいのに…。そんな私だけど、実は……頭の中はチ〇コでいっぱい!
    チ〇コはエロくない!ただの身体の一部!
    そんな葛藤の中、クラスのマンガ好き男子と仲良くなり家に招いたが…!
    2001年のオタク女子の思春期を、明るくかわいくゲスく描いた、爆笑必至のラブ?コメディ♡
  • 著者の過去の商業誌連載作「ういういdays」の登場人物片桐久美子先生と西井かずみの
    その後のラブエピソードを同人誌で発表したものの総集編です。
    連載時お互いの気持ちを確かめ合って終了したその後のお付き合いの様子を、肉体関係込みで描写しています。
  • 701(税込)
    著:
    お湯
    レーベル: ――

    「死にたくなければ、僕を抱いてください」――仕事の帰り道、背後から突然包丁を突き付けられた聡明。
    震える手で包丁を握っていたのは、密かに好意を持っていたコンビニ店員の真白だった!
    人生を悲観した真白の最後の願いは、「ずっと片思いしていた聡明に抱かれること」――!?
  • 平凡なOL、朝水小向はある月の夜、バイクでイケメンを轢いてしまう。
    一命は取り留めたもののどこか不思議な雰囲気を漂わせた彼が、なんと小向の勤めるオフィスに転勤してきて…?
    (この作品は9話までの連載未完結作品です。再開の予定はございません(2022年現在)。ご購入の際はお気を付けください。)
  • 主人公の高平肇は学校一のイケメン。
    甘党だが、バレンタインの本命チョコは決して受け取らない。
    幼馴染の「ひろちゃん」の事が大好き。
    そんなひろちゃんからチョコを渡される。
    だがそのチョコは
    ひろちゃんのクラスの女の子からのものだった。
  • 江戸時代、八丁堀には町の治安を守る武士達の屋敷があった。黒咲家は奉行所内で身分の高い与力(よりき)のお家柄。
    赤子の頃、八丁堀に捨てられこの家に拾われた藤之丞(ふじのじょう)は、育ててくれた家族への恩返しを生きがいに過ごしていた。
    義兄の蒼一郎への恋心を抱きながら…。一方、蒼一郎もまた義兄弟という立場によって長年苦しんでいた。
    そんなある日、見知らぬ男が現れて──!?色恋に不器用な義兄と健気な義弟による一途な恋の物語──…。
    オリジナル同人誌、68P。第1話は全年齢対象。
  • シリーズ7冊
    330660(税込)

    何歳になっても女は女であることをやめられない!それが良くわかる素人女性の性体験告白手記を集めた官能読み物。熟して知った、身体を不特定多数の男に捧げる快楽や、夫以外の男に寝取られる背徳感、近親者といけない関係に陥ってしまうタブーを犯した後ろめたさ、主婦なのに、人の親なのに、獣のように肉棒を求めてしまう淫らな肉体を持った素人熟女たちの赤裸々な告白手記を全て読み切りで収録!※この電子書籍は「官能私小説2016年7月号」を分冊し電子化したものです。※収録作品:「四十年前の婚約者」■東京都、大島清子、「刺激的な旅の恥」■埼玉県、藤田晶子、「セクシー下着」■熊本県、澤井裕子、「私が愛したM男」■埼玉県、新堀千香、「穴あきパンティ」■東京都、槙村裕子、「絶頂感を求めて」■東京都、今田時子、「人の不幸は蜜の味」■佐賀県、安田香澄、「夫よりも好きな男」■広島県、原田まゆみ、「不倫公認の郷」■沖縄県、奈良林冬美、「SMドキュメント 不倫男にむりやりお尻を嬲られて知った被虐の悦びと肛門性感」■千葉県、吉野美咲、「36歳のモデル志願」、「禁じられた戯れ」、「隣の旦那は蜜の味」、「マゾ男」、「
    屈辱のオルガスムス」、「奥まで弄って!人妻の私の不純な婦人科通い」、「少年の肉体を求めて街を彷徨うハイミスの私」、「人妻の私の肛門を調教した好色店長が憎い!」、「契約のためにレズ戯に応じた生保レディの私」、「肉奴となって私の排泄処理までする変態社長」、「熟年婦人の独り言」。
  • ちょっとエッチでリアルな恋愛体験が、官能小説になりました。

    恋愛に対する不満を抱えたまま、短い恋愛期間を繰り返す未鈴。ある不思議な出会いから、ゆっくりと恋を育てていく「幸せの電車」。SEXがマンネリ化している気配を感じ、彼との愛を深めるためにある計画をたてる 「水着のままで」。成人式をキッカケに同窓会が計画され、初めて恋した彼に会うことになった「雪の日に……」他、エルシーブックス「ラブストーリーコンテスト」の大賞ならびに受賞7作品掲載!

    ●●エルシーラブブックス●●
    『エルシーラブブックス』は、エルシーラブコスメティックが作った電子書籍の出版社です。 素敵な恋愛体験を持つ皆さんの恋愛体験談・小説、LCスタイルの人気漫画、誰にも言えな恋愛やからだの悩みに役立つコラムなどを、気軽に読める電子書籍として配信しています。
  • 学生時代に受けたイジメをきっかけに、体を鍛え始めた陽太。そんな彼の住むアパートの隣室に越してきたのは、かつてイジメの主犯格であった謝乃だった!
    相も変わらず高飛車な態度の彼女に対して、陽太は今まで味わってきた屈辱の仕返しをする。しかし、体を重ねるうちに互いの気持ちに気づいた二人は……
  • 処女だけどエッチに興味深々の祐花は、エロゲを買った帰り道に交通事故であっけなく死亡。しかしその事故は、運命を操る女神が起こしたミスだった。
    失態のお詫びとして、女神は祐花にある「能力」をつけて異世界へ転生させるが、なんとそこはファンタジーの世界。処女から一転、ビッチと化した祐花は次々とオークとセッ〇スしてしまう! オークを犯し続けた彼女は自分の不思議な能力に気が付くが……それは、女神がくれたとんでもない「能力」だった!
  • とあるパン屋で働く美少女、小泉ゆい。ゆいには彼氏がいたが、可憐で巨乳な彼女を店長は密かに狙っていた。
    ある日、仕事に疲れて居眠りをしているゆいにエッチないたずらをする店長。
    秘部をいじられて目を覚ましたゆいだが、あまりの快感にそのまま身を委ねてしまう。
    「店長のおち●ぽ。すっごく気持ちいい…//」
    彼氏とのセッ●スに不満を感じていたゆいは店長と激しく交わり、そのすべてをカラダの奥で受け止めるのだった…。
  • ◇あらすじ

    夏。

    唐突に思い出した閉鎖的な故郷。
    そこを離れて、もう約10年。

    なんとなく計画を立てていた自転車旅。
    行き先を“そこ”にしたは、偶然か必然か・・・

    “そこ”で 当時と変わらない姿の彼女と再び出会う。
    懐かしさと 伝えられなかった想い。
    そんな俺に彼女は

    「おかえりっ」

    と、微笑んでくれた。
  • ◇あらすじ

    俺には、ものすごく仲が悪い妹がいる。
    生意気だし、お節介だし、顔を合わせるたびに難癖をつけてくる――それが妹の結華だ。
    可愛いと思えるようなところは1つもなく、ただひたすらに鬱陶しい。
    ここ最近は特にそう思えて、どうにかならないものかと考えていた。

    そんな拍子に俺は、ちょっと面白そうなサイトを見つけたんだ。
    そこでは“催眠術”とやらが紹介されていて、誰でも簡単に催眠術を使うことができるとかなんとか。
    それなら試しにやってみようということになり、さっそく実践してみたんだが……。

    「こんな気持ちになっちゃったのは、お兄ちゃんのせいなんだからねっ……? こうなったら射精してもらうまで、絶対に逃がさないもんっ……」

    軽い気持ちでやってみた催眠術だったが、予期せぬ方向へと向かっていってしまう。
    結華の心のうちに潜んでいたらしい性的欲求が爆発し、俺は、ところかまわず襲われることとなってしまったんだ。

    催眠術の効果が消えるのが先か、それとも俺の理性が崩壊するのが先か。
    俺はいったい、どうなってしまうんだ――。

    ◇ヒロイン

    名 前:安久津 結華(アクツ ユイカ)
    サイズ:T148 / B89(F) / W52 / H79

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
  • ◇あらすじ
    「お、おま、何見てんだよ! アンタ誰だっけ、ええと……」

    「知らねーよこんな奴! おいテメェ、何ガン見してんだよ、あっち行けよ!!」



    教室には、全裸の二人がいた。
    ……着替え……てるんだろうか。でも、いくら着替えだからって、誰もいないからって、鍵のない教室で下着まで脱いで丸裸になるなんて――
    これが切欠でそれからはずっと、二人から『ガン見変態野郎』と罵られ、このことを誰にも言わない代わりに、と――

    それからは、すっかり下僕にされてしまった。
    でも、お金を渡されての使い走りとか、その程度で済んでるから、僕ももうどうでもいいような気持ちになってるんだけれど――

    そんな日がしばらく続いたのちの、放課後。

    性にも奔放な彼女たちは、椅子に座り足を広げて『この間引っかけた男』たちとのセックスについての報告会を開いているようだ。
    そんな話を聞くだけでも、わからない分妙にエッチな妄想が膨らんでしまう。あれこれあれこれ、とんでもないことばっかり考えてしまって――
    で、気がつけば、勃起していた。

    「お前、何もじもじしてんだよ」

    「……あ、もしかして勃ってる!? ウチらの話聞いて、興奮しちゃったわけー? マジでぇ?」

    「ま、大体わかるけどさー。アンタ、どうせブツ見せる相手とかいないっしょ? 今日は特別に、どのくらいのモンかウチらが見てやるよ、嬉しいっしょ?」

    「いや、あの、さ、さすがにそれは……」

    「うっとーしいな、さっさとやれよ。アリサが見てぇって言ってんだから、見せりゃいいだろが!」

    「わ、わかったよぉ……ううっ……あ、あんまり見ないでもらえたらありがたいけど……く、っ……」

    もう何をしても何を言っても無駄だと悟った僕は――
  • ◇あらすじ

    「やっぱいいよなぁ……“千紗”先輩……」

    「そうかなぁ」

    クラスメイト達がため息と共に窓越しに見ているのは、
    中庭でお弁当を食べているぼくの姉さん“千紗”だ。
    暖かな日差しの中で溢れるような笑みを浮かべて、
    多数の視線を浴びながらもそれを意識せずにいられる姉さん。

    「くっそう……どうして俺はお前じゃないんだろうな……」
    そんなことを言いながら、小突かれる。

    「そんなにぼくが羨ましいんだったら、いっそ代わって
     あげたいぐらいだよ……」

    「お前はまるでわかってないっ!」

    ぼくの不用意な発言に、両サイドから肘が脇腹に入る。
    姉さんの弟であることが、ほんのちょっぴりだけど、
    誇らしかった時期があったんだ。
    だけど、みんなが知らない姉さんの貌(かお)が・・・。

    「ただいま」

    「おかえりー」

    「あう……」

    「ん~~? どうしたのかな? みんなの憧れの姉さん
     に出迎えられて、照れちゃったかなぁ?」

    驚いたぼくを姉さんがニヤニヤして見つめてくる。

    「それじゃ、今日は何をしよっかなぁ……」

    外では決して見せない姉さんの表情。
    この時間が長ければ長いだけ、ろくでもないことを
    言い出すのは確かで。

    でも、この時間がアッという間に過ぎ去るとろくでも
    ないことがおきる時間がすぐにやってくるということで……。
    結局ぼくには姉さんが何を言い出すのか黙って待っているしかない。

    「そうね、いずれにしてもまずは脱いでもらわないとね」

    ◇ヒロイン
    名 前:山村 千紗(ヤマムラ チサ)
    サイズ:T160 / B90(F) / W55 / H90
    “真琴”の姉
    ゆるくふんわりとした外面。
    ――内面は弟“真琴”にするイタズラが大好き。
    外面は作っているもので、家に戻った方が“千紗”の本当の性格。
    その際、少々の口調変化も・・・。
     弟である“真琴”が恥ずかしがる姿が好きで、かわいらしく、
    ついイジメてしまう、少し困ったお姉ちゃん。

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
  • ◇あらすじ

    「あ、熱い……こんなに大きくするなんて……」

    「お、お義母さん、なにをっ……ああっ」

    「江美も、慣れない育児で大変でしょうし……これは、ここだけの秘密ですよ?」

    どうしてこうなった!?
    娘をお風呂に入れていて、それを義母の“八重子”さんが手伝いに来てくれて……。

    それだけだったはずなのに、事態はおかしな方向に向かってしまっていた。
    ダメだとわかっているのに、快楽に流されて抵抗することもできない俺。
    やがて、そのまま“八重子”さんの口に――。

    その夜。
    帰ってきた義妹“七海”ちゃんを迎えて、いつも通りの夕食風景。
    “八重子”さんの態度もすっかり普段通り。
    風呂場での件が夢だったのではないかと思えるほどだ。

    “八重子”さんとお義父さんは、初孫の食事を眺めながら眉尻を下げっぱなし。
    もう、可愛くて仕方ないのだろう。
    みんなの意識がそっちに集中している、そのとき……。

    モゾモゾッ――。

    「ん……?」

    なにやら股間に違和感。
    慌てて顔を上げると、向かいに座った“七海”ちゃんと目が合う。

    「えへへ……」

    悪戯っぽい笑みを浮かべる“七海”ちゃん。
    義妹である彼女は、テーブルの下から足を伸ばしてきており……。

    初孫の顔を見せるため、妻の実家に帰省しただけのはずだった。
    だけど、彼女らはそう思ってなかったらしい。
    いったい、俺はどうなってしまうのだろうか……。

    ◇ヒロイン

    名 前:二ノ瀬 八重子 (ニノセ ヤエコ)
    サイズ:T158 / B95(G) / W60 / H96

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
  • ◇あらすじ
    「あ、あたしと、お付き合い、してください!」

    俺が住んでいるアパートの大家の娘、今里芽衣。
    彼女からいきなり告白された。

    しかし今、俺はとある事情で、誰とも付き合う気がなかった。

    その理由は……。俺は、絶倫で、おまけにSっ気が強くて、
    過去に何人かの女の子と付き合ったけど、
    みんなついていけないとか言い出して、毎回破局。
    それが原因で……しばらく、彼女とか欲しくないからだ。

    この話をしたら、芽衣ちゃんは案の定、ぽかんとしている。
    きっと次の言葉は『幻滅しました』とかで、
    自分から身を引いてくれるはず……だった。

    「わ、わかりました、あたし……いっぱい頑張ります……!」

    ど、どうせこの娘も、口先だけだろ。
    俺の趣味に、耐えられるわけがない……。
    すがりついてこんばかりの芽衣ちゃんに
    にやりと笑いかけて、言ってやった。

    「なら、今ここで、オナニーして見せてよ。」

    さすがに、これなら逃げ出すだろ?
    ……そう思っていたら、また、予想外の言葉が返ってきた。

    「……もし、オナニーして見せたら、あたしと、お付き合いしてくれますか?」
    br>◇ヒロイン

    名 前:今里 芽衣(イマサト メイ)
    サイズ:T147 / B78 / W52 / H82
    “亘”の住むアパートの大家の娘。
    そんな事情もあって元々“亘”とは顔見知り。
    大雪が降った際の雪かきやなんかで親しくなる。
    “亘”に好意があるが引っ込み思案なためこれといった行動は起してない。
    趣味はコスプレでコスチュームも自作する程の腕前だが性格の問題もあって
    自宅で撮った写真を顔を伏せてサイトに細々とアップする程度。
    異性にそこまで興味を持った事なかったせいか性に対して予備知識が無い。

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
    ◇主人公

    名 前:戸倉 亘 (トクラ ワタル)
    親元を離れて一人暮らしをおくっている大学生
    過去に何人かと付き合ってきたがあまりの絶倫っぷりに
    彼女が付いていけず毎回破局を迎えていた。
    度重なる失恋の痛手で暫く女性との付き合いは控えるつもり。
    女体の開発手腕は極めて高い。
  • ◇あらすじ

    「お兄ちゃん――正座」

    ガチリ――と教室の引き戸に鍵をかけながら、ひと言。
    ああクソ……また、沙織の“悪癖”が始まるよ……。


    さかのぼる事 数分前。


    (あのオッサン……なんてことしやがるんだ……!)

    「ぐふっ。鈴代くんは本当にいい子だねえ」

    頭を撫でる中年教師。

    「あ、あはは……先生、恥ずかしいです……」

    そのほほ笑みを見ていると、ドクドクと心臓が高なっていく。
    いつの間にか握りしめていた両手には汗が滲み、喉はカラカラ。
    無意識に足を止めて、その可愛らしい笑顔に見入ってしまう。
    そう、俺は実の妹である沙織に――。


    ――恐怖していた。


    沙織と、目が、あった。

    「鈴代先生、お待たせしました」

    さも最初から俺に呼び出されていたかのように、沙織がこちらに近づいてくる。

    「鈴代先生。お時間もありませんし、早めに済ませてしまいましょう?」

    「あ、ああ……そ、そうだな……」

    俺が頷いたのを確認すると、沙織はそれ以上一瞥することもなく歩き出す。

    「……ふふ。鈴代先生ったら。早くしてください」

    ゆっくりと振り返った沙織が、朗らかな微笑みを向けてくる。
    その笑みに、ゾクッ――とした寒気を覚えた。
    (……これ以上、機嫌を損ねない方がいいか……)
    観念して、俺は沙織の後についていくのだった。


    そして、今に至る。


    「……はあ……」

    言われるがまま、その場に正座しようとして――。

    「――下、脱ぎ忘れてるけど?」

    そんな風に、沙織に止められてしまう。

    「う……さ、さすがにここはマズイんじゃないか……? ほら、昼休みだから廊下に人も通るだろうし……」

    「ふーん、そう。だから?」

    顎だけをクイッと動かして『脱げ』と促してくる。
    ……ダメだ、俺が思っているより機嫌が悪いのかもしれない。

    「……わ、わかったよ……」

    「ほら、見ていてあげるから早く脱いで」

    クスクスと笑いながら、こちらを見つめてくる沙織。
    その愉快そうな視線を受けながら、俺はズボンを脱ぐしかなかった。
  • ◇あらすじ

    ここは、小さな町工場。
    “荒立立夏”はそんな工場経営している家の嫁。
    その工場の経営現状は、あまり良好とは言えない状況・・・
    そして、ある日のこと――。
    ついに恐れていた事態が姿を現す。
    従業員への給料が未払いとなっていたのだった。
    詰め寄られる夫“幸雄”、そして義母“瑞枝子”。
    騒ぎは収まらない中、従業員の1人がとんでもないことを言い出す。

    「給料を待ってやってもいいが、その間は“利子”をもらう。金がないんなら……わかるだろ?」

    ちらり、と“立夏”に目を向ける従業員。
    そして――――――

    ◇ヒロイン

    名 前:荒立 立夏 (アラダテ リツカ)
    サイズ:T168 / B90(F) / W58 / H92

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
  • ◇あらすじ

    通学中の電車の中、視界に金色の髪が飛び込んできた。
    最近転校してきた留学生、シェリル・メイヤーだ。

    密着とまではいかないけれど、
    とんでもなくでかい乳がすぐ触れそうなところにある。
    車両の揺れともあいまってすごい迫力だ。

    ――シェリルが転校してきてから数日が経っているけれど、
    日陰者の俺は、挨拶どころか、会話らしい会話をしたこともない。
    ……つうか、近くで見ると……さらに……。

    なんてことを考えていると同時に、電車がおおきく揺れ、
    バランスを取るためにとっさに振り上げた手が、
    あろうことかシェリルの乳に……!?
    悲鳴をあげながら手を叩き落とされるかと思ったが、
    なんか様子がおかしいな。それに、すこしずつこっちに体重をあずけてるような……?

    「ど、どういうつもりだよ……? シェリルさん……」

    「what? ワタシのナマエ、どうして……。会ったこと、ありませんよネ?」

    っ……!!話したこともないけど、クラスメイトだろ!?
    毎日、教室で何度もすれ違ってるだろうが。
    どこにもぶつけようがない怒りで頭が真っ白になる。
    いや、もう、さっきから妄想していた欲望しか見えない。
    それに、向こうから乳を圧しつけてきているしな……!

    「どうせ見下してんだろ?俺なんかに触られても何にも思わないんだろ?だったら……!!」

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。

    ◇ヒロイン

    名 前:シェリル・メイヤー( Sheryl = Mayer )
  • ◇あらすじ

    「ごめんなさい。あなたと私は、やはり住む世界が違っていました。それが、わかったんです。ごめんなさい、智樹くん――」

    それが、俺たちの別れだった。
    あれは、大学に入って付き合い始めてから、何年目のことだったか。本当にいきなりだった。
    あまりにも唐突でわけがわからなくて、俺はなんとか話し合って彼女を引き止めようとしたのだが、無駄だった。
    そして俺たちは、それっきりになった。



    それから数年後
    俺は、とある中規模会社の社員になっていた。

    そんなある日。
    前任の社長がその席を退き、副社長である男に社長の座を譲ることが決まった。
    副社長……社長の息子であるその男は、真面目で爽やか。おまけに頭も顔も良く、それを鼻にかけることもなく、副社長とはいえ現場に混じって気さくに働いていた。
    性格が良く、親切で、皆からの受けもいい。
    俺も、あいつのことは正直嫌いではない。
    そんな彼が、彼の父親としては高齢な社長の体調不良もあって、急きょ新社長に就任することとなった。

    そこまでは、よかった。


    「上谷志穂です。よろしくお願いいたします」


    新社長の横にいた女性がそう言った。

    皆につられて手を叩くも、胸がドキドキして血の気が失せて、めまいにふらつきそうで仕方ない。
    昔の彼女……俺を振った女が、あろうことか勤務先の社長の妻となり、おまけに、経理担当責任者……
    俺たちの上に立つ存在となって、目の前に現れただなんて。
    ただ社長の妻であるというだけなら、会社からは少し離れた高級住宅地の豪邸で優雅に暮らしているというだけなら、まだ我慢できた。
    それが、会社の中に入ってくるだなんて。経理の責任者という、俺も含めた全社員と関わりのある仕事に就くだなんて。
    最悪だ。まるっきり、悪夢だとしか思えない。


    そして、俺の予感は、それなりに的中したのである。


    彼女が経理の責任者になってからというもの、会社は変わった。
    これまでは緩かった、領収書の受理を含めた必要経費の取り扱いが非常に厳しくなって、常に監視されているような日々。
    社員たちからは当然不満の声が上がるものの、経理責任者様の『社長夫人』という肩書きにはもちろんのこと
    これが営利企業のあるべき姿とばかりの、無駄をなくしてきちんと仕事をして収益を上げていく様を見ては、誰も何も言えず頭が上がらない。
    だが、やはり確かに、頭ではわかっていても感情的には割り切れない不満というものがそこには存在してしまう。
    そして俺も、そんなもやもやを抱えているうちの一人だった。
  • ◇あらすじ

    「ええいっ、どいつもこいつも使えぬ。どうしていつも失敗して帰ってくるのだ!?」

    帰ってきた使者達が、片膝をついて頭を垂れる。
    皆、ボロボロの格好をしていた。
    送り出した時にはちゃんとしていた服が裂け、身体のあちこちに痣が出来ていた。

    「俺は早くあの2人を后にしたいのだ。それなのにお前らときたら……ちゃんと命じた通りにしてきたのだろうな?」

    「ご命令された通り、魔王様の恋文を城の前で読み上げて参りました」

    「ならばどうしてこのようなことになって戻ってくるのだ!?」

    「はぁ、それが我らが大声で読み上げていたところ、姫君達が出てきて下さったところまでは良かったのですが……いつものごとくお怒りになってしまいまして、我らを攻撃してきたのであります」

    「それでまたおめおめと逃げ帰ってきたというのか!? 情けない奴らめ!」

    ボロボロになった使者達が、額が床につかんばかりに頭を下げる。

    「はぁ……なぜ姫達は俺の気持ちを受け入れてくれないのか……。俺はこんなにも2人のことを愛しているというのに。アリシア姫……サージュ姫……」

    「魔王様、報告致します。城の前にて怪しげな人間の男を捕らえまして、その者が魔王様への謁見を求めているのですが、如何致しましょうか?」

    「会わん。追い返せ。俺は今忙しいんだ」

    「クックックッ、魔王様がアッバーストリアの姫様達にメロメロになっているというのは、真だったようですな。魔王様、アッバーストリア王国の姫達を捕まえる方法を知りたくはございませんかな?」

    突然、謁見の間に聞き慣れない男のしわがれた声が響く。
    入り口の方に視線を送ると、人間の男が1人立っていた。

    ◇ヒロイン

    名 前:アリシア
    サイズ:T156 / B80(C) / W56 / H82
    国を治める2人の姫の内の姉。
    やや強気なところがあるものの、
    自分のこととなると怖気づくところがある。
    思ったら一途なところも。
    武器は大剣を使用。強気をそのままに突貫する。

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
    名 前:サージュ
    サイズ:T153 / B89(E) / W56 / H90
    国を治める2人の姫の内の妹。
    強気ではなく、どちらかというとおしとやか。
    とはいえ主人公へのわだかまりは姉よりも強い。
    武器はマジックロッドを使用。姉をサポートしながら魔法で敵を撃退する。

    ◇主人公

    名 前:ロブスター
    本編の主人公で、魔王。
    お調子者で、乗せるとどこまでもいく。
    典型的なおのぼりさん。
    ヒロイン達に一目惚れし、争うことをやめた。
    かなり美形の顔立ち。
    絶倫気質。

    ◇錬金術師の男

    名 前:バルモ
    魔王城に客人としている男。
    ヒロイン達がまとうバトルスーツを生み出した張本人。
    とある弱点を魔王に伝え、姫の攻略に手を貸す。
  • ■あらすじ■

    「えへへ……ほら見て? わたしのお股、こんなにドロドロになっちゃった……♪」
    「はぁ、はぁ……あ、ああ、そうだね……」

    射精の余韻に浸りながら、少女のワレメをぼんやりと眺める。
    摩擦で真っ赤になった縦スジは、2人分の体液ですっかり汚れていた。

    「ん……まだでてきてる。も~、先生ってばだしすぎだよ」

    「あ、ああ……ごめんね」

    いや、それにしてもマジですごい量が出たもんだ。
    オナニーで出したときとは比べものにならない。それこそ、この小さい穴の隅々まで汚してそう……。
    ……って、あれ……?

    「――あ、ああああ!?」


    ■登場キャラクター■

    ◆ヒロイン
    猫堂 かりん(ネコドウ カリン)
    T142 / B72(A) / W54 / H74
    “公平”が訪れたとある町に唯一人だけ住んでいる少女。
    明るく無邪気、そしてイタズラ好き。
    町に一人きりだが、その前までは『先生』と二人きりで住んでいたらしい。
    “公平”に、代わりの先生がくるまで『先生』になってとお願いしてくる。
    性的な知識だけは非常に豊富で、エッチな事にもノリノリ。
    処女。

    ◆主人公
    幹原 公平 (ミキハラ コウヘイ)
    子供の頃の記憶を失っている青年。
    根は真面目でいい人。
    記憶探しの名目で、小旅行気分で生まれ故郷であるとある町を訪れた。

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。
  • ◇あらすじ

    夏。
    早期退職した私を慰労する為に家族は旅行を企画してくれた。

    家を出て数時間。
    目的地である海辺の宿に到着。

    久しぶりの旅行・開放感からか、夕食の酒が進み……

    「ん………………」

    目を覚ます。

    家族揃って、夕食を楽しんだところまでは薄ぼんやりと覚えている。
    うまい酒を勧められて、そして私も息子の妻に勧め返した辺りから、どうも記憶が曖昧だ。
    おそらくは酔いつぶれて寝てしまったということかな。

    …しかし、何故か身体が肌寒い。
    とりあえず、起き上がって顔でも洗わないと、意識がはっきりしなそうだ。
    そう思って、ぼんやりしたまま身体を起こそうと手に力を込めると……。

    何か、柔らかな感触を手のひらに感じる。
    その妙に柔らかく、そして温かさもあるものが何なのかと、暗い中を下に目を向けてみると……
    目の前には、浴衣を乱した息子の妻の姿。
    ただ寝相が悪くて浴衣を着崩していた程度であれば、私も驚きはしなかったろう。
    しかし、それにしてはあまりにも不自然な着崩し方……
    それに体勢も、その……まるで……―――――。
  • ◇あらすじ

    都会から遠く離れた、ドがつくほどの田舎には、ぼくのじいちゃんが営む神社がある。
    そこに毎年、ぼくのお姉ちゃんは足を運び、巫女としてじいちゃんのお手伝いをしているらしい。
    そして今年の夏休み。たまたまぼくは、お姉ちゃんと一緒にじいちゃんの家に行くことになったんだ。

    それでいざ行ってみると、待ち受けていたのは多忙な日々。
    あれをやれ、これをやれと、雑用ばかりを押しつけられるハメに……。
    でもじいちゃんからどんなに酷い扱いを受けようとも、ぼくにはお姉ちゃんがいる。

    それに……実家にいるときとは違って、お姉ちゃんと一緒にいることのできる時間が長いから、なんだかんだ言ってもぼくは幸せだった。

    でも、ある日を境にして全てが変わってしまう。

    それはある深夜の出来事。隣で寝ていたはずのお姉ちゃんが、いなくなっていたんだ。
    トイレに行くついでに、それとなくお姉ちゃんを探していると、ぼくはとんでもない光景を目にしてしまう。

    「んっ、んんっ……お願いっ……もう、やめてっ……」

    どこからともなく聞こえてきた女の人の声をたどっていけば、そこには何人もの男に犯されているお姉ちゃんがいた。
    嫌がっているお姉ちゃんを、代わる代わる犯していく男たち。
    その男たちはみんな“風習だから我慢しろ”“厄落としだから仕方ない”なんて言っている。
    でも男たちは楽しそうにお姉ちゃんを犯していて、どう見ても風習とか厄落としだとかは関係なさそうだった。

    そんな光景をみて、ぼくの中でプツンと何かが切れてしまう。
    姉弟だからという理由でずっと隠してきたお姉ちゃんへの恋心が、いよいよ爆発してしまったんだ。

    あんなヤツらでもお姉ちゃんとセックスできるなら、ぼくだって――。

    ◇ヒロイン

    名 前:藤見 茜 (フジミ アカネ)
    サイズ:T170 / B87 / W56 / H86
    比較的おおざっぱな性格。
    弟である“智也”のことが好きなのだが、
    姉弟の関係は越えるべきじゃないと思っている。
    祖父が神主である神社に夏の長期休みで来ている。
    体質のせいか、それとも遺伝のせいか母乳が出る。
    乳首が最も感じる性感帯。

    ※注意
    この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
    選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
    現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。

一般館に書籍が 1528 件あります。

移動して表示

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。