電子書籍 ゆくる若き日 文芸・小説

著: 美野晶 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ゆくる若き日 あらすじ・内容

地元の工場で働く浩二には、東京のデパートで働く28歳の姉・千代子がいた。正確には義理の姉で、血の繋がりはない。中学生の頃、その事実を知った浩二は、年々色っぽくなっていく姉に戸惑い、それから距離を取ってきた。そんなある日、両親はハワイ旅行に出かけ、大晦日を姉と2人きりで過ごすことになる。酔いもあってか、互いに意識し合う2人。そんな気持ちを隠そうと、浩二はふざけて姉の巨乳を指で突っついてみる。が、千代子は怒るどころか感じていた。「触りたいなら……好きにしていいよ」。姉の秘めた気持ちを知った浩二は、たがが外れ、その豊満なオッパイに手を伸ばし、乳首を舐め回す。しかし、姉は「手慣れている」と怒り始めた。そう、千代子は義理の弟を一途に思い、処女を守っていたのだった。歓喜した浩二は、痛がる姉のアソコに肉棒を……。

この作品を共有

「ゆくる若き日」最新刊

地元の工場で働く浩二には、東京のデパートで働く28歳の姉・千代子がいた。正確には義理の姉で、血の繋がりはない。中学生の頃、その事実を知った浩二は、年々色っぽくなっていく姉に戸惑い、それから距離を取ってきた。そんなある日、両親はハワイ旅行に出かけ、大晦日を姉と2人きりで過ごすことになる。酔いもあってか、互いに意識し合う2人。そんな気持ちを隠そうと、浩二はふざけて姉の巨乳を指で突っついてみる。が、千代子は怒るどころか感じていた。「触りたいなら……好きにしていいよ」。姉の秘めた気持ちを知った浩二は、たがが外れ、その豊満なオッパイに手を伸ばし、乳首を舐め回す。しかし、姉は「手慣れている」と怒り始めた。そう、千代子は義理の弟を一途に思い、処女を守っていたのだった。歓喜した浩二は、痛がる姉のアソコに肉棒を……。

「ゆくる若き日」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
41ページ (ゆくる若き日)
配信開始日
2017年1月20日 (ゆくる若き日)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad