電子書籍 汗ばむ筆 文芸

著: 上原稜 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

汗ばむ筆 あらすじ・内容

美術部員の高校生・日野浩介は美人の顧問・河合鏡子に惹かれて入部を決めた。長い黒髪、綺麗な顔立ち、清潔感あるたたずまいの彼女。いつもクールで他の生徒は苦手意識を持っているようだったが、浩介はそんな表情さえ好きだった。浩介は他の部員に隠れて鏡子の裸婦像を描き、それをオカズにオナニーをする日々を続けていた。ある日、その裸婦像が本人に見つかってしまう。怒られると観念した浩介だったが、なにひとつ注意されなかった。自分を目の前にして続きを描くように命令されるが、股間が反応してしまって筆が進まない。すると、鏡子からまさかの性的指導が……。硬くなったアソコを触られ、執拗に筆を使って尿道を弄ばれた浩介。我慢できずにザーメンを鏡子に……。

この作品を共有

「汗ばむ筆」最新刊

美術部員の高校生・日野浩介は美人の顧問・河合鏡子に惹かれて入部を決めた。長い黒髪、綺麗な顔立ち、清潔感あるたたずまいの彼女。いつもクールで他の生徒は苦手意識を持っているようだったが、浩介はそんな表情さえ好きだった。浩介は他の部員に隠れて鏡子の裸婦像を描き、それをオカズにオナニーをする日々を続けていた。ある日、その裸婦像が本人に見つかってしまう。怒られると観念した浩介だったが、なにひとつ注意されなかった。自分を目の前にして続きを描くように命令されるが、股間が反応してしまって筆が進まない。すると、鏡子からまさかの性的指導が……。硬くなったアソコを触られ、執拗に筆を使って尿道を弄ばれた浩介。我慢できずにザーメンを鏡子に……。

「汗ばむ筆」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
38ページ (汗ばむ筆)
配信開始日
2016年11月4日 (汗ばむ筆)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad