電子書籍 レンズ越しのあやまち 文芸・小説

著: 深志美由紀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

レンズ越しのあやまち あらすじ・内容

34歳の森島美子は小学校教師。学生時代は陸上が得意でインターハイに出場した経験もあるが、最近は5年前に結婚した夫に太ったと言われて、ケンカになることもあった。運動会の日、懸命に頑張る子供たちを応援していると、校門の鉄柵越しにカメラを構える不審者を発見する。それは受け持ちの生徒の伯父にあたるカメラマン・室山俊一だった。盗撮騒動はひとまず落ち着いたが、自分の写真も撮影されていたことを不思議に思う美子。気を取り直して探し物を取りに体育倉庫に行くが、そこで俊一に襲われてしまう。恐怖を感じた美子だったが、体を触られるとそれが胸の高鳴りに変わっていった。俊一に何度も「綺麗だ」と褒め称えられた美子は感じ始め、アソコがグチュグチュに。クリトリスもビンビンになり、立っていられないぐらいの快感を味わうと……。

この作品を共有

「レンズ越しのあやまち」最新刊

34歳の森島美子は小学校教師。学生時代は陸上が得意でインターハイに出場した経験もあるが、最近は5年前に結婚した夫に太ったと言われて、ケンカになることもあった。運動会の日、懸命に頑張る子供たちを応援していると、校門の鉄柵越しにカメラを構える不審者を発見する。それは受け持ちの生徒の伯父にあたるカメラマン・室山俊一だった。盗撮騒動はひとまず落ち着いたが、自分の写真も撮影されていたことを不思議に思う美子。気を取り直して探し物を取りに体育倉庫に行くが、そこで俊一に襲われてしまう。恐怖を感じた美子だったが、体を触られるとそれが胸の高鳴りに変わっていった。俊一に何度も「綺麗だ」と褒め称えられた美子は感じ始め、アソコがグチュグチュに。クリトリスもビンビンになり、立っていられないぐらいの快感を味わうと……。

「レンズ越しのあやまち」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
40ページ (レンズ越しのあやまち)
配信開始日
2016年11月4日 (レンズ越しのあやまち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad