電子書籍 熟女の嘲笑 文芸

著: 一条きらら 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

熟女の嘲笑 あらすじ・内容

松宮実可子は38歳の専業主婦。夫は出張、息子は修学旅行に行っており、珍しく一人きりの週末を迎えることになった。手持ち無沙汰になり、親友・早苗のマンションを訪ねてみる。すると早苗は外出しているようで、彼女の夫の圭介が部屋に招いてくれた。二人でワインを飲みながら早苗の帰りを待っていると、急に圭介が実可子の唇を求めてきた。「やめて、いやッ、よして下さいッ」実可子は顔を右に左にそむけながら必死で抵抗する。しかし彼はスリップの上から実可子のふくよかな乳房をわしづかみにしてきて……。

この作品を共有

「熟女の嘲笑」最新刊

松宮実可子は38歳の専業主婦。夫は出張、息子は修学旅行に行っており、珍しく一人きりの週末を迎えることになった。手持ち無沙汰になり、親友・早苗のマンションを訪ねてみる。すると早苗は外出しているようで、彼女の夫の圭介が部屋に招いてくれた。二人でワインを飲みながら早苗の帰りを待っていると、急に圭介が実可子の唇を求めてきた。「やめて、いやッ、よして下さいッ」実可子は顔を右に左にそむけながら必死で抵抗する。しかし彼はスリップの上から実可子のふくよかな乳房をわしづかみにしてきて……。

「熟女の嘲笑」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
38ページ (熟女の嘲笑)
配信開始日
2016年9月16日 (熟女の嘲笑)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad