電子書籍 感じる水 文芸・小説

著: 野尻あい 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

感じる水 あらすじ・内容

「泳げるようになって、あたしとセックスしようよ」。19歳の立花ほのかは、ぽっちゃり系で巨乳なのにもかかわらず、会社の男性陣にはあまり相手にされていなかった。そんな彼女は、子供の頃から通うプール教室で水に性的興奮を感じ、全裸で泳ぎたいという妄想にかられてはシャワー室やトイレでオナニーをしてきた。ある日教室に、カナヅチの大学生・相川繁が入会してくる。繁は幼い時のトラウマでまったく水に入れないという。彼に一目惚れしたほのかは、泳げるようになったらセックスをしようと提案する。その言葉を受けて茂は、見事カナヅチを克服するのだった。そして茂は、プール終わりにほのかに迫り、水の中でやりたいと言い始めて……。

この作品を共有

「感じる水」最新刊

「泳げるようになって、あたしとセックスしようよ」。19歳の立花ほのかは、ぽっちゃり系で巨乳なのにもかかわらず、会社の男性陣にはあまり相手にされていなかった。そんな彼女は、子供の頃から通うプール教室で水に性的興奮を感じ、全裸で泳ぎたいという妄想にかられてはシャワー室やトイレでオナニーをしてきた。ある日教室に、カナヅチの大学生・相川繁が入会してくる。繁は幼い時のトラウマでまったく水に入れないという。彼に一目惚れしたほのかは、泳げるようになったらセックスをしようと提案する。その言葉を受けて茂は、見事カナヅチを克服するのだった。そして茂は、プール終わりにほのかに迫り、水の中でやりたいと言い始めて……。

「感じる水」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
38ページ (感じる水)
配信開始日
2016年8月26日 (感じる水)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad