電子書籍 「ヤブヌマ」シリーズ(リアルドリーム文庫) 文芸・小説

小説: 空蝉  イラスト: 猫丸  他
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ヤブヌマ 侵食されゆく妻の蜜肌 あらすじ・内容

夫の計画により、妻が最も嫌う男と交わる! 人気同人ゲームが小説化! ――日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第162弾!

夫の計画により
妻が最も嫌う男と交わる!
最愛の妻がおぞましい中年男と交わる、
そんなあってはならないことを僕は妄想した――
「智の望みどおり、藪沼に抱かれてみる」
妻・咲美は夫を愛するが故に、夫の愛を確かめるべく、
パート先の上司・藪沼と温泉宿で夜を共にする。
双臀の間を醜男の肉根が出入りする様を見て夫は……。
緻密な心理描写で話題を博した人気同人ゲームが小説化!
日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第162弾!
<登場人物>
●浅岡 智(あさおか とも)
三十代前半の会社員。
大学の後輩だった妻・咲美とは結婚してから五年が経つが、
順風満帆な生活を送っている。
だが、藪沼と出会ったことで寝取られ性癖に火がつくことに。
●浅岡 咲美(あさおか さくみ)
智の妻で一児の母。
明るく健康的で素朴な愛らしさがあり、気は強いが心根は優しく、清廉で快活な性格。
半年前からスーパーでパートとして働いている。
●藪沼 幹夫(やぶぬま みきお)
咲美のパート先の副店長。
推定年齢五十代後半、三白眼に鷲鼻、厚い唇という不格好な外見。
上の者には媚びへつらい、目下には偉ぶる性格から、咲美に嫌われている。
<目次>
第一章 萌芽
第二章 カップル喫茶の暗がりで
第三章 夫婦交換演習
第四章 一度きりの約束で
第五章 一夜の真実(第一幕)
第六章 一夜の真実(第二幕)
第七章 忘れじの蜜

この作品を共有

「「ヤブヌマ」シリーズ(リアルドリーム文庫)」最新刊

円満な家庭を取り戻すために
嫌悪する中年男に抱かれ続ける妻
妻が他の男に悶えさせられる姿を見たい。
夫のその願いを叶えるために
大嫌いな上司・藪沼に抱かれた咲美は、
情事の映像をネタに密かに関係を続けさせられることに。
(私が愛してるのは智だけ。なのに……)
肉悦に嵌まりゆく貞淑妻のカラダと揺れるココロ――
緻密な心理描写で話題を博した大人気同人ゲームの小説化第2弾!
日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第169弾!
<登場人物>
●浅岡 智
(あさおか とも)
三十代前半の会社員。
妻・咲美とは結婚してから五年が経つ。
藪沼と出会ったことで寝取られ性癖に火がつき、
最愛の妻を醜い肥満中年に抱かせたことから歯車が狂いだす。
●浅岡 咲美
(あさおか さくみ)
智の妻で一児の母。
明るく健康的で素朴な愛らしさがあり、気は強いが心根は優しく、清廉で快活な性格。
夫の愛を確かめるために、夫の望む藪沼との性交に応じる。
●藪沼 幹夫
(やぶぬま みきお)
咲美のパート先の副店長。
推定年齢五十代後半、不格好な外見で、上の者には媚びへつらい、
目下には偉ぶる性格から、咲美に嫌われている。
精力絶倫で、性技に長けている。
<目次>
第一章 愛しくて(十一月十六日~三十日)
第二章 忘れたいのに(十一月九日~三十日)
第三章 侵食されゆく蜜肌(十二月一日~三日)
第四章 偽りの日々(十二月一日~二十一日)
第五章 肉は馴染み、心は堕ちゆく(十二月六日~二十一日)
第六章 愛の行く先(十二月二十一日~二十三日)
エピローグ(一月二日)

「「ヤブヌマ」シリーズ(リアルドリーム文庫)」作品一覧

(2冊)

各713円 (+税)

まとめてカート

夫の計画により
妻が最も嫌う男と交わる!
最愛の妻がおぞましい中年男と交わる、
そんなあってはならないことを僕は妄想した――
「智の望みどおり、藪沼に抱かれてみる」
妻・咲美は夫を愛するが故に、夫の愛を確かめるべく、
パート先の上司・藪沼と温泉宿で夜を共にする。
双臀の間を醜男の肉根が出入りする様を見て夫は……。
緻密な心理描写で話題を博した人気同人ゲームが小説化!
日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第162弾!
<登場人物>
●浅岡 智(あさおか とも)
三十代前半の会社員。
大学の後輩だった妻・咲美とは結婚してから五年が経つが、
順風満帆な生活を送っている。
だが、藪沼と出会ったことで寝取られ性癖に火がつくことに。
●浅岡 咲美(あさおか さくみ)
智の妻で一児の母。
明るく健康的で素朴な愛らしさがあり、気は強いが心根は優しく、清廉で快活な性格。
半年前からスーパーでパートとして働いている。
●藪沼 幹夫(やぶぬま みきお)
咲美のパート先の副店長。
推定年齢五十代後半、三白眼に鷲鼻、厚い唇という不格好な外見。
上の者には媚びへつらい、目下には偉ぶる性格から、咲美に嫌われている。
<目次>
第一章 萌芽
第二章 カップル喫茶の暗がりで
第三章 夫婦交換演習
第四章 一度きりの約束で
第五章 一夜の真実(第一幕)
第六章 一夜の真実(第二幕)
第七章 忘れじの蜜

円満な家庭を取り戻すために
嫌悪する中年男に抱かれ続ける妻
妻が他の男に悶えさせられる姿を見たい。
夫のその願いを叶えるために
大嫌いな上司・藪沼に抱かれた咲美は、
情事の映像をネタに密かに関係を続けさせられることに。
(私が愛してるのは智だけ。なのに……)
肉悦に嵌まりゆく貞淑妻のカラダと揺れるココロ――
緻密な心理描写で話題を博した大人気同人ゲームの小説化第2弾!
日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第169弾!
<登場人物>
●浅岡 智
(あさおか とも)
三十代前半の会社員。
妻・咲美とは結婚してから五年が経つ。
藪沼と出会ったことで寝取られ性癖に火がつき、
最愛の妻を醜い肥満中年に抱かせたことから歯車が狂いだす。
●浅岡 咲美
(あさおか さくみ)
智の妻で一児の母。
明るく健康的で素朴な愛らしさがあり、気は強いが心根は優しく、清廉で快活な性格。
夫の愛を確かめるために、夫の望む藪沼との性交に応じる。
●藪沼 幹夫
(やぶぬま みきお)
咲美のパート先の副店長。
推定年齢五十代後半、不格好な外見で、上の者には媚びへつらい、
目下には偉ぶる性格から、咲美に嫌われている。
精力絶倫で、性技に長けている。
<目次>
第一章 愛しくて(十一月十六日~三十日)
第二章 忘れたいのに(十一月九日~三十日)
第三章 侵食されゆく蜜肌(十二月一日~三日)
第四章 偽りの日々(十二月一日~二十一日)
第五章 肉は馴染み、心は堕ちゆく(十二月六日~二十一日)
第六章 愛の行く先(十二月二十一日~二十三日)
エピローグ(一月二日)

「「ヤブヌマ」シリーズ(リアルドリーム文庫)」の作品情報

レーベル
リアルドリーム文庫
出版社
キルタイムコミュニケーション
ジャンル
文芸・小説 男性向け 官能小説
ページ数
274ページ (ヤブヌマ 侵食されゆく妻の蜜肌)
配信開始日
2016年7月30日 (ヤブヌマ 侵食されゆく妻の蜜肌)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad