電子書籍 寵愛の箱庭 文芸

著: 逢見るい  イラスト: 小玉英章 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

寵愛の箱庭 あらすじ・内容

警備会社に勤める圭吾は、2週間前から19歳の美しい少女・若槻ハルを自宅に監禁している。会社では古株の彼が、大阪本社から横浜の支店に単身でやってきたのはつい1ヵ月ほど前のこと。ひとりで食事を取ろうとファミレスに行った時、ハルと出会った。彼女は圭吾が大学時代に愛した、そして人生をボロボロにされた女の娘だった。小さな顔、ぱっちりした瞳、小ぶりの唇。間近で見ると、ますます母親そっくりだった。行く宛のない彼女を言葉巧みに招き入れると、隙を見てSMセットを使って拘束する圭吾。それからはトイレも食事も自由を与えず、好きな時にレイプして調教した。圭吾は人生をメチャクチャにされた恨みをハルにぶつけていく。だが、非道な行為を続けているのに、ハルはどこか悠然と構えていた。口汚い言葉を浴びせてくるが、セックスの時は感じている様子。アナルをいじると身をくねらせるようになった。圭吾はアナル処女を奪ってやろうと強引に肉棒をブッ刺すが……。

この作品を共有

「寵愛の箱庭」最新刊

警備会社に勤める圭吾は、2週間前から19歳の美しい少女・若槻ハルを自宅に監禁している。会社では古株の彼が、大阪本社から横浜の支店に単身でやってきたのはつい1ヵ月ほど前のこと。ひとりで食事を取ろうとファミレスに行った時、ハルと出会った。彼女は圭吾が大学時代に愛した、そして人生をボロボロにされた女の娘だった。小さな顔、ぱっちりした瞳、小ぶりの唇。間近で見ると、ますます母親そっくりだった。行く宛のない彼女を言葉巧みに招き入れると、隙を見てSMセットを使って拘束する圭吾。それからはトイレも食事も自由を与えず、好きな時にレイプして調教した。圭吾は人生をメチャクチャにされた恨みをハルにぶつけていく。だが、非道な行為を続けているのに、ハルはどこか悠然と構えていた。口汚い言葉を浴びせてくるが、セックスの時は感じている様子。アナルをいじると身をくねらせるようになった。圭吾はアナル処女を奪ってやろうと強引に肉棒をブッ刺すが……。

「寵愛の箱庭」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
37ページ (寵愛の箱庭)
配信開始日
2016年7月29日 (寵愛の箱庭)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad