電子書籍 果報の日 文芸

著: 相原晋 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

果報の日 あらすじ・内容

初老の男・佐柳は、遊郭が全焼した場合に臨時営業が許される仮宅の近くにある茶屋で、ひたいの汗をぬぐっている中年増を見かけ、その色香に惹かれる。それは、かつて吉原の遊女だったお光だった。吉原ではいったん遊女を買うとほかの遊女を買うことはできないきびしい決まりがあったため、お光を抱くことができなかったこともあり、佐柳はその憧れを再燃させるが場所がない。そこで一計を案じる。それは仮宅の妓楼にあがって女を買い、遊女がやってくる前にお光を寝床に忍び込ませるというものだった。だが、松島という若い花魁が先に姿を見せると思わず……。

この作品を共有

「果報の日」最新刊

初老の男・佐柳は、遊郭が全焼した場合に臨時営業が許される仮宅の近くにある茶屋で、ひたいの汗をぬぐっている中年増を見かけ、その色香に惹かれる。それは、かつて吉原の遊女だったお光だった。吉原ではいったん遊女を買うとほかの遊女を買うことはできないきびしい決まりがあったため、お光を抱くことができなかったこともあり、佐柳はその憧れを再燃させるが場所がない。そこで一計を案じる。それは仮宅の妓楼にあがって女を買い、遊女がやってくる前にお光を寝床に忍び込ませるというものだった。だが、松島という若い花魁が先に姿を見せると思わず……。

「果報の日」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
33ページ (果報の日)
配信開始日
2016年7月8日 (果報の日)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad