電子書籍 とろとろ尼姫 文芸

著: 文月芯 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

とろとろ尼姫 あらすじ・内容

時は戦国時代。色狂いの田舎豪族・大河原厳三郎康兼は、古豪の棚橋家に夜襲をかけ、領主たちを虐殺した。しかし、絶世の美女とうたわれた桃姫を生け捕りにすることはかなわなかった。1年後、康兼はやっと姫を発見すると、髪を剃髪させ尼にさせる。そして、百姓男に扮して尼寺を訪ね、蓮華のように無垢な18歳の尼に慈悲を請う。病魔に襲われていると嘘をつき、「お告げがあった」と言葉巧みに布団に連れ込むと、墨染めの法衣を脱がし……。

この作品を共有

「とろとろ尼姫」最新刊

時は戦国時代。色狂いの田舎豪族・大河原厳三郎康兼は、古豪の棚橋家に夜襲をかけ、領主たちを虐殺した。しかし、絶世の美女とうたわれた桃姫を生け捕りにすることはかなわなかった。1年後、康兼はやっと姫を発見すると、髪を剃髪させ尼にさせる。そして、百姓男に扮して尼寺を訪ね、蓮華のように無垢な18歳の尼に慈悲を請う。病魔に襲われていると嘘をつき、「お告げがあった」と言葉巧みに布団に連れ込むと、墨染めの法衣を脱がし……。

「とろとろ尼姫」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
36ページ (とろとろ尼姫)
配信開始日
2016年7月8日 (とろとろ尼姫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad