電子書籍 こけし人形の涙 文芸

著: 山口香 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

こけし人形の涙 あらすじ・内容

女好きの探偵・甲斐正樹は、セックスフレンドに頼まれ、彼女が買ったこけしを宮城県の鳴子温泉郷へ奉納することにした。ところが、現地で30代半ばの和服美人から声をかけられ、こけしを譲ってほしいと言われる。どうやらこの作品は彼女の祖父のものらしい。比沙子と名乗る女の美貌に惹かれた正樹は、譲る代わりに夕食を共にしましょうと誘うのだった。温泉宿の料理と酒に舌鼓を打つ二人。しばらくすると比沙子が酔いつぶれてしまう。布団に寝かせようとする正樹だったが、その柔らかそうな唇に目が奪われ、つい口づけをしてみると……。

この作品を共有

「こけし人形の涙」最新刊

女好きの探偵・甲斐正樹は、セックスフレンドに頼まれ、彼女が買ったこけしを宮城県の鳴子温泉郷へ奉納することにした。ところが、現地で30代半ばの和服美人から声をかけられ、こけしを譲ってほしいと言われる。どうやらこの作品は彼女の祖父のものらしい。比沙子と名乗る女の美貌に惹かれた正樹は、譲る代わりに夕食を共にしましょうと誘うのだった。温泉宿の料理と酒に舌鼓を打つ二人。しばらくすると比沙子が酔いつぶれてしまう。布団に寝かせようとする正樹だったが、その柔らかそうな唇に目が奪われ、つい口づけをしてみると……。

「こけし人形の涙」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
42ページ (こけし人形の涙)
配信開始日
2016年6月17日 (こけし人形の涙)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad