電子書籍 女捜査官凌辱 調教の檻(竹書房ラブロマン文庫) 文芸・小説

著: 八神淳一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

女捜査官凌辱 調教の檻 あらすじ・内容

多国籍マフィア「蛇咬会」に女捜査官・冴子が捕らわれて二ヵ月後。今度は横浜のベテラン女捜査官・藤崎京香に目をつけた蛇咬会は、「売人狩り」を行っていた京香の義理の娘・美奈を捕らえる。亡夫の忘れ形見である美奈を救うべく、単独で蛇咬会のアジトに乗り込んだ京香だったが、卑劣な罠に屈し、娘とともに淫靡な肉調教を受けさせられる。義母をかばって潮を噴く美奈。義娘を守るため子宮に中出しされる京香。母と娘が淫獄に悶える一方、冴子を探して香港へ飛んだ星崎ミチルもまた、敵の手に落ちて凌辱の嵐に晒されるのだった…。鬼才がおくる強い女を堕とすハード調教ロマン!

この作品を共有

「女捜査官凌辱 調教の檻(竹書房ラブロマン文庫)」最新刊

多国籍マフィア「蛇咬会」に女捜査官・冴子が捕らわれて二ヵ月後。今度は横浜のベテラン女捜査官・藤崎京香に目をつけた蛇咬会は、「売人狩り」を行っていた京香の義理の娘・美奈を捕らえる。亡夫の忘れ形見である美奈を救うべく、単独で蛇咬会のアジトに乗り込んだ京香だったが、卑劣な罠に屈し、娘とともに淫靡な肉調教を受けさせられる。義母をかばって潮を噴く美奈。義娘を守るため子宮に中出しされる京香。母と娘が淫獄に悶える一方、冴子を探して香港へ飛んだ星崎ミチルもまた、敵の手に落ちて凌辱の嵐に晒されるのだった…。鬼才がおくる強い女を堕とすハード調教ロマン!

「女捜査官凌辱 調教の檻(竹書房ラブロマン文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房ラブロマン文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能小説 日本文学
ページ数
272ページ (女捜査官凌辱 調教の檻)
配信開始日
2016年4月15日 (女捜査官凌辱 調教の檻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad