電子書籍 禁断のたわむれ 文芸・小説

著: 八神淳一他 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

禁断のたわむれ あらすじ・内容

<由香里の裸体があらわとなった。その乳房の裾あたりに、キスマークがついていた。「おやじがつけたんだね」嫉妬で頭がカァッとなる。祐介は義母の乳房を掴むと、めちゃくちゃに揉みしだきはじめる。「あっ……だめ、祐介さん……ダメです」『義母恋慕』>。美貌の若き義母、物静かな顔の下に欲情を隠した嫁、夫の親友と関係を結ぶ淫らな人妻……。女たちの禁忌に満ちた性愛を描く傑作アンソロジー。

  • シェア:

「禁断のたわむれ」最新刊

「這えよ」命令されて下半身まる出しの人妻はカーペットの上に四つんばいになった。吾郎は犬のような姿勢をとった女の真後ろに膝をつき、まるい、ずっしりしたヒップを抱えこんだ。食欲をそそる乳酪の香気が鼻をくすぐる。「淫乱奥さまは濡れ濡れじゃねえか」

「禁断のたわむれ」作品一覧

(8冊)

110〜660(税込)

まとめてカート

<由香里の裸体があらわとなった。その乳房の裾あたりに、キスマークがついていた。「おやじがつけたんだね」嫉妬で頭がカァッとなる。祐介は義母の乳房を掴むと、めちゃくちゃに揉みしだきはじめる。「あっ……だめ、祐介さん……ダメです」『義母恋慕』>。美貌の若き義母、物静かな顔の下に欲情を隠した嫁、夫の親友と関係を結ぶ淫らな人妻……。女たちの禁忌に満ちた性愛を描く傑作アンソロジー。

「だめ……わかるでしょう……これ以上はだめよ、祐介さん」「わからないよ」義母の乳房をじかに揉みたくて、パジャマのボタンを外しにかかる。が、あせっていて、なかなかうまく外せない。じれた祐介はパジャマをぐっと左右に引いていた。次々とボタンが弾け飛び、たわわに熟れた義母の乳房があらわれた。

自分の書斎に小走りで戻ると、机に片手をかけて大きく息を整えた。まさか、あの嫁が、香織が自慰をしているなんて。今まで性欲などとはほど遠い雰囲気で、女とも意識していなかった。しかし、考えたら香織はどんなに地味ななりをしていようと、女ざかりの人妻なのだ。

「禁断のたわむれ」の作品情報

レーベル
河出i文庫
出版社
河出書房新社
ジャンル
文芸・小説 官能小説 官能
ページ数
246ページ (禁断のたわむれ)
配信開始日
2013年7月4日 (禁断のたわむれ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad