電子書籍 甘すぎる帰省 文芸

著: 青橋由高 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

甘すぎる帰省 上 あらすじ・内容

亀岡真仁は大手メーカーの研究部署で働いている。久しぶりにとれた夏休み。高校の同窓会に合わせて、12年ぶりに帰省することにした。同窓生と会うのも卒業以来初めて。そこで、当時1年だけ付き合っていた諏訪部知夏と再会する。真仁が東京の大学に進学し、2人の関係は自然消滅したままだった。彼女は高校時代と変わらぬショートカット。あの頃より膨らみを増した胸のラインに目が行き、真仁は素直に「えらく綺麗になったな。見違えたぞ?」とこぼす。ともにまだ独身。嫌いになって別れたわけではないから、すぐに気持ちが燃え上がる。同窓会を抜け出してホテルへ。初体験を遂げた12年前を思い出すように、濃厚なキスを交わす。真仁の手はたわわに熟れた乳房を揉みしだき、淫らな汁を吹き出したアソコに伸びて……。あの時はぎこちなかった動きも今は昔。開発された知夏の体に触れ、嫉妬に駆られた真仁は激しく責めたてて……。

この作品を共有

「甘すぎる帰省」最新刊

亀岡真仁は大手メーカーの研究部署で働いている。久しぶりにとれた夏休み。12年ぶりに帰省することにした。かつての恋人で初体験の相手・諏訪部知夏、幼馴染みで初恋の人・年上の唐川美鈴と再会。連日、逢瀬を続けていた。5日経ち、夏休みも終わりが近づく。すっかり忘れていたお土産を渡そうと美鈴の家を訪ねるが、出かけていて不在。代わりに、娘の菜美が応対してくれた。最後に会ったのは12年前。幼かった彼女も大学生になっていて、若い頃の母親そっくりに成長していた。艶やかな黒髪で化粧っ気のない純朴な少女は東京に強烈な憧れを持っていた。大学卒業は上京するつもりなのだという。しかし、田舎者の女は食い物にされかねない。そこで彼女はこう懇願してくる。「私の処女を奪ってください」気が動転した真仁だったが、キスさえもしたことのない19歳の願いを受け入れる。ファーストキスを奪うと、優しくゆっくりと彼女の全身を愛撫。そして、ヴァージンのオ○ンコに大きな亀頭を……。

「甘すぎる帰省」作品一覧

(3冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

亀岡真仁は大手メーカーの研究部署で働いている。久しぶりにとれた夏休み。高校の同窓会に合わせて、12年ぶりに帰省することにした。同窓生と会うのも卒業以来初めて。そこで、当時1年だけ付き合っていた諏訪部知夏と再会する。真仁が東京の大学に進学し、2人の関係は自然消滅したままだった。彼女は高校時代と変わらぬショートカット。あの頃より膨らみを増した胸のラインに目が行き、真仁は素直に「えらく綺麗になったな。見違えたぞ?」とこぼす。ともにまだ独身。嫌いになって別れたわけではないから、すぐに気持ちが燃え上がる。同窓会を抜け出してホテルへ。初体験を遂げた12年前を思い出すように、濃厚なキスを交わす。真仁の手はたわわに熟れた乳房を揉みしだき、淫らな汁を吹き出したアソコに伸びて……。あの時はぎこちなかった動きも今は昔。開発された知夏の体に触れ、嫉妬に駆られた真仁は激しく責めたてて……。

亀岡真仁は大手メーカーの研究部署で働いている。久しぶりにとれた夏休み。12年ぶりに帰省することにした。高校の同窓会でかつての恋人・諏訪部知夏と再会。激しく燃え上がった翌日、やっと実家に顔を出すが、両親の姿はない。そこで待ち構えていたのが、幼馴染みの唐川美鈴だった。美鈴はちょっと年上の39歳。真仁にとっては初恋の相手にあたる。バツイチで子持ちだが、実年齢よりはずっと若く見える。記憶の中よりもさらに豊かになったバストはセーターを押し上げて、酔ってうるんだ瞳やうっすらと染まった肌は色気を漂わせていた。酔っ払った勢いで真仁は初恋だったことを告白。それを聞いた美鈴の気持ちに火が点く。腕に抱きつかれ、耳元で甘いささやきをされた真仁はタガが外れてしまった。熟れた体に飛びかかり、畳に押し倒す。剥き出しの肉欲で激しくオ○ンコを突くと、美鈴は獣のようにあえいでイキまくり……。

亀岡真仁は大手メーカーの研究部署で働いている。久しぶりにとれた夏休み。12年ぶりに帰省することにした。かつての恋人で初体験の相手・諏訪部知夏、幼馴染みで初恋の人・年上の唐川美鈴と再会。連日、逢瀬を続けていた。5日経ち、夏休みも終わりが近づく。すっかり忘れていたお土産を渡そうと美鈴の家を訪ねるが、出かけていて不在。代わりに、娘の菜美が応対してくれた。最後に会ったのは12年前。幼かった彼女も大学生になっていて、若い頃の母親そっくりに成長していた。艶やかな黒髪で化粧っ気のない純朴な少女は東京に強烈な憧れを持っていた。大学卒業は上京するつもりなのだという。しかし、田舎者の女は食い物にされかねない。そこで彼女はこう懇願してくる。「私の処女を奪ってください」気が動転した真仁だったが、キスさえもしたことのない19歳の願いを受け入れる。ファーストキスを奪うと、優しくゆっくりと彼女の全身を愛撫。そして、ヴァージンのオ○ンコに大きな亀頭を……。

「甘すぎる帰省」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能小説 官能
ページ数
18ページ (甘すぎる帰省 上)
配信開始日
2016年3月4日 (甘すぎる帰省 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad