電子書籍 浮き寝 文芸

著: 高竜也 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

浮き寝 あらすじ・内容

昭和19年。32歳の浅見正夫が女体に接するのは3年ぶりのことだった。池上八重という、特殊工場で働く同僚が相手だ。お互いすでに結婚していたが、戦争という状況下、家族と離れ離れに暮らしていた。そんな中、八重の夫と息子が死亡したという連絡が入る。八重は前々から観念していたのか、慰めて欲しいと浅見の前に進んで体を投げ出した。寝巻の前を左右に広げると、薄いさくら色に輝く肌が現れた。まずは手で触れてみる。ピクッと震えた八重は「どうぞ……好きにして」、と顔を赤らめながらも興奮しているようで……。

この作品を共有

「浮き寝」最新刊

昭和19年。32歳の浅見正夫が女体に接するのは3年ぶりのことだった。池上八重という、特殊工場で働く同僚が相手だ。お互いすでに結婚していたが、戦争という状況下、家族と離れ離れに暮らしていた。そんな中、八重の夫と息子が死亡したという連絡が入る。八重は前々から観念していたのか、慰めて欲しいと浅見の前に進んで体を投げ出した。寝巻の前を左右に広げると、薄いさくら色に輝く肌が現れた。まずは手で触れてみる。ピクッと震えた八重は「どうぞ……好きにして」、と顔を赤らめながらも興奮しているようで……。

「浮き寝」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能小説 官能
ページ数
33ページ (浮き寝)
配信開始日
2016年2月5日 (浮き寝)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad