電子書籍 おんな快々淫書 文芸

著: 睦月影郎  イラスト: とやまみーや 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おんな快々淫書 第一回 あらすじ・内容

「ああ、女が抱きたい……」時は元禄十三年。二十歳になるというのに、まだ女に触れたことはなく、この貧乏長屋で卑猥な小説を描きながら日々を過ごす巨漢男・無三。本名は隆之介というのだが、金と女と家が無いので無三と号した。そんな彼のもとへ侍女の美穂が訪ねて来た。彼女曰く、無三の故郷である皆川藩では今、一つの悩み事を抱えているという。どうやら殿が一向に子供を作ろうとしないらしい。何とかして跡継ぎを、と願う周囲の人間は、色事が大好きな無三の淫力を借りることにしたが……。

この作品を共有

「おんな快々淫書」最新刊

時は元禄十三年。貧乏長屋で卑猥な小説を描きながら日々を過ごしている二十歳の無三は、その淫力を買われ、故郷・皆川藩の子作りをしようとしない殿と正妻に性の手ほどきをしてきた。その甲斐あって正妻は懐妊する。一息ついた無三の前に、縁のある女たちが次々と姿を現す。とびきり美しい女装の男だったが、その後完全に女になった市こと一郎太、男勝りの剣術指南で無三が処女をいただいた千織、懐妊した正妻の小夜、そしてお互いの性癖を知り尽くした侍女の美穂。彼女たちと次々に交わり、絶頂へと導いていった無三は……。

「おんな快々淫書」作品一覧

(6冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

「ああ、女が抱きたい……」時は元禄十三年。二十歳になるというのに、まだ女に触れたことはなく、この貧乏長屋で卑猥な小説を描きながら日々を過ごす巨漢男・無三。本名は隆之介というのだが、金と女と家が無いので無三と号した。そんな彼のもとへ侍女の美穂が訪ねて来た。彼女曰く、無三の故郷である皆川藩では今、一つの悩み事を抱えているという。どうやら殿が一向に子供を作ろうとしないらしい。何とかして跡継ぎを、と願う周囲の人間は、色事が大好きな無三の淫力を借りることにしたが……。

時は元禄十三年。貧乏長屋で卑猥な小説を描きながら日々を過ごす二十歳の無三は、故郷・皆川藩から頼まれ、子供を作ろうとしない殿の代わりに、屋敷に通い正妻を孕ませる役目を任された。元来、色事が大好きな無三。「アア……、いい気持ち……、もっと強く奥まで……」この日は世話になっている書店の女将・美貴に誘惑され、美人妻の白く滑らかな熟れ肌を味わいながら、己の淫力に磨きをかけるのであった。そんな無三の前に、皆川藩の剣術指南役をしている長身美女の志賀千織が現れて……。

時は元禄十三年。貧乏長屋で卑猥な小説を描きながら日々を過ごしている二十歳の無三。そんな無三の家にある日、十七歳になる篠が訪ねてきた。近所の春本屋で子守女として働く愛くるしい美少女は、無三が書いた新作を受け取りに来たのだった。だが、元々彼女のことを狙っていた無三。ひとまず篠を部屋の中に上げ、「女の子の身体の隅々がどうなっているか見ておかないと、次の戯作が書けないから」と嘘ぶいて、生娘の着物を脱がしにかかり……。

「おんな快々淫書」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能小説 官能
ページ数
44ページ (おんな快々淫書 第一回)
配信開始日
2016年2月12日 (おんな快々淫書 第一回)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad