電子書籍 隣家の園 文芸・小説

著: 霧原一輝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

隣家の園 第一回 ―白井家の嫁― あらすじ・内容

家電メーカーに勤める48歳の菊地陽介。妻と大学生の娘と三人で、幸せな家庭を築いていた。隣家の白井家とも仲は良好だ。夫の恒平は36歳の働き盛り。妻の智実は32歳の美人。二人の間に子供はおらず、恒平の父親と同居していた。ある日、一人で家にいた陽介のところに、強張った顔をした智実が訪ねてきた。ブラウスのボタンが上から二つ飛んでいて、ただ事ではなさそうだった。とりあえず部屋に入れて落ち着かせるも、何も話そうとしない智実。彼女を不憫に思った陽介は、ついその場で抱きしめてしまい……。

この作品を共有

「隣家の園」最新刊

「おかしいんです。わたし、おかしくなってる」白井喜一はSEとして製薬販売会社で働く息子の恒平とその美人妻・智実と同居している。息子夫婦のセックスを盗み見して、ひさしぶりに射精を経験した喜一は、亡くなった妻とどことなく似ている32歳の智実への欲望を募らせた。隣人との不倫を清算したばかりの智実はそんな義父の視線に気付き、庭の雑草を抜く作業をしながら、不自然に股を開き、白昼堂々とパンティを見せつける。たまらず喜一がオナニーを始めると、智実も自分のスカートの中に手を伸ばし、地面に四つん這いになって悶え始める。エスカレートした2人が家の裏口に移動すると、智実はフェラチオをスタートさせて……。

「隣家の園」作品一覧

(6冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

家電メーカーに勤める48歳の菊地陽介。妻と大学生の娘と三人で、幸せな家庭を築いていた。隣家の白井家とも仲は良好だ。夫の恒平は36歳の働き盛り。妻の智実は32歳の美人。二人の間に子供はおらず、恒平の父親と同居していた。ある日、一人で家にいた陽介のところに、強張った顔をした智実が訪ねてきた。ブラウスのボタンが上から二つ飛んでいて、ただ事ではなさそうだった。とりあえず部屋に入れて落ち着かせるも、何も話そうとしない智実。彼女を不憫に思った陽介は、ついその場で抱きしめてしまい……。

病院で医療事務のパートをしている45歳の主婦・菊地佐知子。家電メーカーに勤める夫の陽介と大学生の娘・優佳と三人で、幸せな家庭を築いていた。ある休日、友人と食事をした帰りに、働き先の病院事務長・柿崎の不倫現場を目撃してしまう。次の日、柿崎に呼ばれた佐知子は、口止め料代わりに食事へ誘われ、気付くとホテルの部屋でシャワーを浴びていた。ある意味こうなる予感はあった。最近、夫が隣家の嫁・白井智実と浮気をしたように感じるのだ。その仕返しとして柿崎と寝ることにした佐知子だったが、SM行為を強要されて……。

白井恒平は薬品販売会社のSEとして働く36歳。恒平には智実という妻がいるが、夫婦間はギクシャクしていた。同居中の父・喜一が二人のセックスを頻繁に覗いているのが原因だった。ある日、帰宅ラッシュの電車内で、隣家の娘である菊地優佳の姿を見かける。ストレートの黒髪が似合う今時珍しい清潔な雰囲気を持った大学生だ。彼女はドア付近で顔をしかめ、嫌そうに体をひねって時々後ろを振り返っていた。(痴漢されている!?)恒平はすぐさま優佳の元に駆けつけ、背後にいた中年男を追い払い……。

「隣家の園」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能小説 官能
ページ数
42ページ (隣家の園 第一回 ―白井家の嫁―)
配信開始日
2015年11月6日 (隣家の園 第一回 ―白井家の嫁―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad