電子書籍 キールを飲む女 文芸

著: 岡江多紀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キールを飲む女 前編 あらすじ・内容

広告代理店に勤める54歳の宗田幸造。この業界特有のプレイボーイ気質で、結婚してからも浮気相手を欠かしたことは無かった。ある日、高層ホテル内の洒落たバーで飲んでいると、一人の美熟女が目に止まった。年齢は40歳前後だろうか。日田満美子と名乗る女は左手薬指に指輪をしていたが、どこか退屈そうな雰囲気を醸し出していた。声をかけ、そのままホテルの部屋でセックスをする。カラダの相性はバッチリだった。ところが後日、この関係が満美子の夫にバレてしまい、口止め料として100万円を要求されて……。

この作品を共有

「キールを飲む女」最新刊

広告代理店に勤める54歳の宗田幸造は、この業界特有のプレイボーイ気質であった。ある日、バーで声をかけた人妻・日田満美子と関係を持つが、彼女の旦那にバレて、口止め料として100万円を要求されてしまう。迂闊な行動に出た自分を恥じつつ、大金を用意して指定された場所へ向かう宗田。ところが現地に着くと旦那の姿は無く、満美子が一人で待ち構えていた。(もしや、そもそも夫など存在しない?)そう考えた宗田は、100万円を渡す代わりにもう一度セックスをさせてくれ、と満美子にお願いして……。

「キールを飲む女」作品一覧

(2冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

広告代理店に勤める54歳の宗田幸造。この業界特有のプレイボーイ気質で、結婚してからも浮気相手を欠かしたことは無かった。ある日、高層ホテル内の洒落たバーで飲んでいると、一人の美熟女が目に止まった。年齢は40歳前後だろうか。日田満美子と名乗る女は左手薬指に指輪をしていたが、どこか退屈そうな雰囲気を醸し出していた。声をかけ、そのままホテルの部屋でセックスをする。カラダの相性はバッチリだった。ところが後日、この関係が満美子の夫にバレてしまい、口止め料として100万円を要求されて……。

広告代理店に勤める54歳の宗田幸造は、この業界特有のプレイボーイ気質であった。ある日、バーで声をかけた人妻・日田満美子と関係を持つが、彼女の旦那にバレて、口止め料として100万円を要求されてしまう。迂闊な行動に出た自分を恥じつつ、大金を用意して指定された場所へ向かう宗田。ところが現地に着くと旦那の姿は無く、満美子が一人で待ち構えていた。(もしや、そもそも夫など存在しない?)そう考えた宗田は、100万円を渡す代わりにもう一度セックスをさせてくれ、と満美子にお願いして……。

「キールを飲む女」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能小説 官能
ページ数
42ページ (キールを飲む女 前編)
配信開始日
2015年10月16日 (キールを飲む女 前編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad