電子書籍 遺された記憶(綜合図書) 文芸

著: 藍川京 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

遺された記憶 あらすじ・内容

母・静花を亡くして1年ほど経った32歳の藤城智佳。母が生前に書きとめていた日記帳を読んでみると、繁という男の存在が事細かに綴られていた。父と結婚する前、繁と静花は相思相愛だったらしい。だが、元々病弱の静花は、旅館を営む繁の仕事を手伝うことが出来ず、自ら身を引いたのだった。そんな母の切ない想いを体感しようと、智佳は繁の経営している旅館を訪ねた。しかし、旅館は数年前に廃業しており、当の繁も母と同じ時期に亡くなっていた。途方に暮れる智佳だったが、繁の息子が近くに住んでいると聞き……。

この作品を共有

「遺された記憶(綜合図書)」最新刊

母・静花を亡くして1年ほど経った32歳の藤城智佳。母が生前に書きとめていた日記帳を読んでみると、繁という男の存在が事細かに綴られていた。父と結婚する前、繁と静花は相思相愛だったらしい。だが、元々病弱の静花は、旅館を営む繁の仕事を手伝うことが出来ず、自ら身を引いたのだった。そんな母の切ない想いを体感しようと、智佳は繁の経営している旅館を訪ねた。しかし、旅館は数年前に廃業しており、当の繁も母と同じ時期に亡くなっていた。途方に暮れる智佳だったが、繁の息子が近くに住んでいると聞き……。

「遺された記憶(綜合図書)」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
37ページ (遺された記憶)
配信開始日
2015年9月4日 (遺された記憶)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad