電子書籍 寒かったから(綜合図書) 文芸・小説

著: 響由布子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

寒かったから あらすじ・内容

森田朱里は中学時代の同窓会で元カレの赤間智之と久しぶりに顔を合わせた。昔から活発だった朱里とは違い、当時の智之は冴えないタイプ。周りからはやし立てられて、何となく付き合っていただけだった。しかし、今の智之は社交的になっていて、朱里はかつてのボーイフレンドと時間を忘れて話し込んだ。そして、彼がまだ独身だということを知る。そして自分がもうすぐ離婚することを明かした。智之に誘われるがまま、同窓会の会場を抜け出した朱里。他の店に行こうと思ったが、あまりに激しい雪で移動するのもままならず、しかたなくタクシーで智之の家に行くことに。朱里はあの頃から変わっていない智之の部屋を見て懐かしさを憶えた。ぎこちなく抱きしめてくる智之。夫の存在を頭に浮かべながらも、朱里が優しくリードすると、智之は豹変。相当な遊び人のように、朱里を手マンでイカせて……。

この作品を共有

「寒かったから(綜合図書)」最新刊

森田朱里は中学時代の同窓会で元カレの赤間智之と久しぶりに顔を合わせた。昔から活発だった朱里とは違い、当時の智之は冴えないタイプ。周りからはやし立てられて、何となく付き合っていただけだった。しかし、今の智之は社交的になっていて、朱里はかつてのボーイフレンドと時間を忘れて話し込んだ。そして、彼がまだ独身だということを知る。そして自分がもうすぐ離婚することを明かした。智之に誘われるがまま、同窓会の会場を抜け出した朱里。他の店に行こうと思ったが、あまりに激しい雪で移動するのもままならず、しかたなくタクシーで智之の家に行くことに。朱里はあの頃から変わっていない智之の部屋を見て懐かしさを憶えた。ぎこちなく抱きしめてくる智之。夫の存在を頭に浮かべながらも、朱里が優しくリードすると、智之は豹変。相当な遊び人のように、朱里を手マンでイカせて……。

「寒かったから(綜合図書)」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
37ページ (寒かったから)
配信開始日
2015年9月18日 (寒かったから)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad