電子書籍 奇妙な花芯(綜合図書) 文芸・小説

著: 沢井涼 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

奇妙な花芯 あらすじ・内容

学生運動の最中、大学生の上村圭介はバリケードの中でヒミカと名乗る不思議な女と知り合った。小柄な体付きで乳房の膨らみもあるかどうかという具合。肩も華奢で18歳とは思えぬ、少女のような子だった。しかし、周りからは誰にでも体を許す「便所女」と蔑まされていた。噂ではヒッピーたちとフリーセックスに興じているらしい。「ちょっとバイトしてきたの」とフェラチオの動作をして圭介を挑発するヒミカ。不愉快な思いをした圭介だったが、後を追ってきた彼女を家に連れ込む。そして強引に押し倒そうとすると、彼女はまるで処女のように体を震わせ始めた。動揺する圭介。それでも連日セックスを繰り返すと、態度を豹変させて、慣れたように精子を飲んでみせる。彼女の極端な二面性に触れた圭介は……。

この作品を共有

「奇妙な花芯(綜合図書)」最新刊

学生運動の最中、大学生の上村圭介はバリケードの中でヒミカと名乗る不思議な女と知り合った。小柄な体付きで乳房の膨らみもあるかどうかという具合。肩も華奢で18歳とは思えぬ、少女のような子だった。しかし、周りからは誰にでも体を許す「便所女」と蔑まされていた。噂ではヒッピーたちとフリーセックスに興じているらしい。「ちょっとバイトしてきたの」とフェラチオの動作をして圭介を挑発するヒミカ。不愉快な思いをした圭介だったが、後を追ってきた彼女を家に連れ込む。そして強引に押し倒そうとすると、彼女はまるで処女のように体を震わせ始めた。動揺する圭介。それでも連日セックスを繰り返すと、態度を豹変させて、慣れたように精子を飲んでみせる。彼女の極端な二面性に触れた圭介は……。

「奇妙な花芯(綜合図書)」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
38ページ (奇妙な花芯)
配信開始日
2015年9月18日 (奇妙な花芯)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad