電子書籍 僕の響子先輩。(綜合図書) 文芸・小説

著: 神瀬知巳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

僕の響子先輩。 あらすじ・内容

30歳の独身OL・有村響子は、新人時代から面倒を見ていた後輩社員・24歳の藤井慎一が会社を休んでいると聞き、彼のアパートまで見舞いに行く。慎一は風邪などではなく、海外出張で詐欺に遭い、多額のお金を騙し盗られて凹んでいただけであった。とりあえず一安心した響子は、何か欲しいものがあるかと慎一に聞く。すると「先輩のおっぱいが欲しい」と言い出した。母性本能をくすぐるタイプの彼に、以前も酔った勢いで胸を触らせてしまったことのある響子。今回もそれで済むのなら、と思っていたのだが……。

この作品を共有

「僕の響子先輩。(綜合図書)」最新刊

30歳の独身OL・有村響子は、新人時代から面倒を見ていた後輩社員・24歳の藤井慎一が会社を休んでいると聞き、彼のアパートまで見舞いに行く。慎一は風邪などではなく、海外出張で詐欺に遭い、多額のお金を騙し盗られて凹んでいただけであった。とりあえず一安心した響子は、何か欲しいものがあるかと慎一に聞く。すると「先輩のおっぱいが欲しい」と言い出した。母性本能をくすぐるタイプの彼に、以前も酔った勢いで胸を触らせてしまったことのある響子。今回もそれで済むのなら、と思っていたのだが……。

「僕の響子先輩。(綜合図書)」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
42ページ (僕の響子先輩。)
配信開始日
2015年9月4日 (僕の響子先輩。)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad