電子書籍 秘戯 文芸

著: 勝目梓 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

秘戯 あらすじ・内容

揃ってポルノビデオを鑑賞することから始まった妻の調教。飽くなき探究心を持つ開業医の夫の最終目的とは(表題作)。還暦を迎えた作家がヌードグラビアのカメラマンに。口説いたのはメイク係の女性だが、ホテルに現れたのは意外な相手だった(「かくし味」)。奔放な性が迸る官能小説集。

この作品を共有

「秘戯」最新刊

変質者では?でも、なぜか気になる隣室の男。そんな男が私のSM殺人の過去をネタに迫ってきた。いいようにされながら、なぜかたまらなく気持ちがいい。そして強く反応してゆく私。一癖ある美女たちが繰り広げるとっておき官能傑作集『秘戯』に収録。

「秘戯」作品一覧

(9冊)

100円〜500円(+税)

まとめてカート

揃ってポルノビデオを鑑賞することから始まった妻の調教。飽くなき探究心を持つ開業医の夫の最終目的とは(表題作)。還暦を迎えた作家がヌードグラビアのカメラマンに。口説いたのはメイク係の女性だが、ホテルに現れたのは意外な相手だった(「かくし味」)。奔放な性が迸る官能小説集。

常務の息子の自殺の鍵を握る女子社員は“アソコ”にホクロが三つある―社命を受けたモテ課長・倉橋。まずは出向先の企画部の香織に白羽の矢を立てた。そして人事部の美季へと仕事は順調に!?…。一癖ある美女たちが繰り広げるとっておき官能傑作集『秘戯』に収録。

「ああぅ、もっと…えぐって」顔をあわせたのも2回目で、名前すら今しがた。それなのにこの“手に負えないくらい”の激しい燃え方。色白で清楚な人妻は春先と秋口にガラリと驚愕の痴態を見せるという。一癖ある美女たちが繰り広げるとっておき官能傑作集『秘戯』に収録。

「秘戯」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸 日本文学 官能小説 官能
ページ数
268ページ (秘戯)
配信開始日
2013年6月28日 (秘戯)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad