セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

48時間限定!双葉社コイン40%還元キャンペーン

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『『母娘催眠シリーズ』(アダルトマンガ)』の電子書籍一覧

1~4件目/全4件

【フルカラー】母娘催眠 Episode4~身体強制操作・病院編~

著者
POISON

330(税込)  

【フルカラー50ページ】藤本恭介はごく普通の学生だった。早くに母を亡くし、父だけの手によって育てられたという点を除いて。そのことで いじめを受けるようになった恭介は、次第にネット世界に憩いを求めるようになる。そんな時、チャット仲間から、自分が思うままにすることが出来る催眠術を伝授される。催眠術にも慣れ、好き放題していた恭介だったが、いじめによりケガをし、父親のかかりつけの病院に入院させられてしまう。もともと病気ではないので、痛みさえ治まってしまえば身体は元気いっぱい。個室で悶々としていると、担当の女医・石川美沙が巡回してくる。その率直な物言いを苦手に感じる恭介。一方、看護師をしている美沙の娘・奈々は、恭介を優しく介抱してくれる。そして、恭介は催眠術を使い入院生活をエンジョイしようと考えた。まず、奈々に催眠術をかけ、それを足がかりに、母親の美沙も巻き込んでいく。そして二人は、恭介の催眠により、順々な看護奴隷へと変貌を遂げていくのだった…。

続きを読む

【フルカラー】母娘催眠 Episode3~無意識人形化・学園編~

著者
POISON

330(税込)  

【フルカラー50ページ】藤本恭介はごく普通の学生だった。早くに母を亡くし、父だけの手によって育てられたという点を除いて。そのことで いじめを受けるようになった恭介は、次第にネット世界に憩いを求めるようになる。そんな時、チャット仲間から、自分が思うままにすることが出来る催眠術を伝授される。催眠術にも慣れ、好き放題していた恭介だったが、勉強がおろそかになり、成績も下がっていた。そのことをクラス担任の女教師、福原麗美に咎められる。担任をわずらわしいと思った恭介は、学園生活を快適にさせるために、催眠術を使うことにする。そして、前々から自分に突っかかってくる麗美の娘、愛美も一緒に服従させることを決意する。二人に罠を張り、催眠術をかけることに成功した恭介は合図一つで完全に感情が消える、無意識人形にしてしまう。しかも、二人には快楽の感覚だけは残されており、その甘美な快感に二人は飲み込まれていく…。激しい責め苦と快楽の狭間で、快楽の感覚だけを持ち揺れ動き堕ちていく母娘は…。

続きを読む

【フルカラー】母娘催眠 Episode2~感情操作・幼馴染編~

著者
POISON

330(税込)  

【フルカラー50ページ】藤本恭介はごく普通の学生だった。早くに母を亡くし、父だけの手によって育てられたという点を除いて。そのことでいじめを受けるようになった恭介は、次第にネット世界に憩いを求めるようになる。そんな時、チャット仲間から、自分が思うままにすることが出来る催眠術を伝授される。それからしばらくして、幼い頃何かと面倒を見てくれていた隣の家の幼馴染みの秋山亜理紗に恩着せがましく上から目線でものを言われカチンときてしまう。そして亜理紗の母、静香も恭介に対して、昔は可愛かったと言い、恭介の心を逆なでしてしまう。恭介はこの二人も義母や義妹のように操ってやると決め二人を罠にハメ催眠術によって暗示を掛ける。二人の暗示は、恭介のことを心から愛してしまうものだった。恭介の合図で送り込まれる、虚偽の愛のサイン。亜理紗と静香は恭介しか見えないと言わんばかりに人目もはばからず、愛するために淫らな行為に及ぶ。その偽りの愛も徐々に意識にすり込まれ、二人は恭介の愛奴隷になっていくのだった。

続きを読む

【フルカラー】母娘催眠 Episode1~常識改竄・義母娘編~

著者
POISON

330(税込)  

【フルカラー50ページ】主人公・藤本恭介はごく普通の学生だった。そう。早くに母を亡くし、父だけの手によって育てられたという点を除いて。そんなある日、ネット仲間とのチャット中に “催眠術” の話題で仲間たちが盛り上がり始める。なんでも、仲間のひとりが妹に催眠術を掛けてしまったらしい。最初は胡散臭げに眺めていた恭介だったが、恭介自身のひょんな書き込みから事態はあらぬ方向へ……。

続きを読む

1~4件目/全4件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです