電子書籍 ワタシノオモイ~愛情と淫艶と~ アドベンチャーゲームブック(UNREAL PUBLISHING) アダルトラノベ

まずは、無料で試し読み

試し読み

42ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ワタシノオモイ~愛情と淫艶と~ アドベンチャーゲームブック あらすじ・内容

◇あらすじ

「……なに?」

「ううん、なんでもない」

テーブルを挟んで目の前に座っている男の子が、私の視線に気付いて顔を上げる。
芳貴くん――クラスメイトで、幼い頃からの友達。
そして、今は私の彼氏。

(はぁ~、彼氏かぁ)

ずっと好きだったから、向こうも同じ気持ちだったと知ったときは凄く嬉しかった。
彼氏彼女の関係になってからというもの、毎日が楽しくて幸せ。

そんなある日――

玄関のたたきには、お母さんの靴が脱ぎ捨てた感じで置いてあった。
それと見慣れない男物のくつが2つ……。
リビングの方から聞こえてくるお母さんの喘ぎ声。

「あん、茉希。お帰りなさい」

「……ただいま」

リビングに行くと、お母さんがいた。
予想通り、知らない男の人達とセックスしている。

「お、これが娘さんか。さすが香奈惠の子だけあって可愛いじゃないか」
「驚かせてごめんね~、お邪魔してるよ」

「……いえ」

無視するのもあれだから最低限の返事だけはして、すぐさま廊下へと戻った。
嫌なもの見ちゃった。お母さんも、いい加減にしてくれればいいのに。
たまにああやって男を連れて帰ってくることがあるから困る。
ほんと、男遊びが激しいんだから。
家に連れ帰ってセックスするのはやめてくれたらいいのに。
私がいようともお構いなしにするんだから。

(もうっ、お母さんのバカ)

もう慣れたとはいえ、辛いことに変わりはなかった。
それになんというか……この声を聞いていると最近変な気分になってきちゃって、落ち着かないんだよね……。
お母さんのあの声聞いていると、こっちまで変な気分になってきちゃうし……。

もしかして私……気になっちゃってる!?
どうしよう……気になって……なんで……どうして……
どうしてこんなに気になっちゃうの!?

◇ヒロイン

名前:茉希(マキ)
サイズ:T155/B83(C)/W55/H82
本作のヒロイン。明るく活発な性格。

自分の母“香奈惠”については素行を良く思っておらず
反面教師として見ている。

最近ボーイフレンドが出来、自分は、一途でありたいと考えている。
ボーイフレンドとも性的関係もまだなく、まだヴァージン。
オナニー程度は経験有。

◇ヒロインの母親

名前:香奈惠(カナエ)※惠の字は恵では、ありません
サイズ:T156/B92(G)/W56/H93
“茉希”の母親。
夫は単身赴任で海外に出ておりシングルマザーでは、無い。
性に奔放な女性で周りから見るととても艶っぽい。

そんな本人の性格もあって機会さえあれば
行きずりの男達とセックスに興じている。

◇ヒロインのボーイフレンド

名前:芳貴(ヨシキ)
“茉希”の幼馴染。
最近ただの幼馴染から彼氏彼女の関係になったばかり。
※注意
この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。

  • シェア:

「ワタシノオモイ~愛情と淫艶と~ アドベンチャーゲームブック(UNREAL PUBLISHING)」最新刊

◇あらすじ

「……なに?」

「ううん、なんでもない」

テーブルを挟んで目の前に座っている男の子が、私の視線に気付いて顔を上げる。
芳貴くん――クラスメイトで、幼い頃からの友達。
そして、今は私の彼氏。

(はぁ~、彼氏かぁ)

ずっと好きだったから、向こうも同じ気持ちだったと知ったときは凄く嬉しかった。
彼氏彼女の関係になってからというもの、毎日が楽しくて幸せ。

そんなある日――

玄関のたたきには、お母さんの靴が脱ぎ捨てた感じで置いてあった。
それと見慣れない男物のくつが2つ……。
リビングの方から聞こえてくるお母さんの喘ぎ声。

「あん、茉希。お帰りなさい」

「……ただいま」

リビングに行くと、お母さんがいた。
予想通り、知らない男の人達とセックスしている。

「お、これが娘さんか。さすが香奈惠の子だけあって可愛いじゃないか」
「驚かせてごめんね~、お邪魔してるよ」

「……いえ」

無視するのもあれだから最低限の返事だけはして、すぐさま廊下へと戻った。
嫌なもの見ちゃった。お母さんも、いい加減にしてくれればいいのに。
たまにああやって男を連れて帰ってくることがあるから困る。
ほんと、男遊びが激しいんだから。
家に連れ帰ってセックスするのはやめてくれたらいいのに。
私がいようともお構いなしにするんだから。

(もうっ、お母さんのバカ)

もう慣れたとはいえ、辛いことに変わりはなかった。
それになんというか……この声を聞いていると最近変な気分になってきちゃって、落ち着かないんだよね……。
お母さんのあの声聞いていると、こっちまで変な気分になってきちゃうし……。

もしかして私……気になっちゃってる!?
どうしよう……気になって……なんで……どうして……
どうしてこんなに気になっちゃうの!?

◇ヒロイン

名前:茉希(マキ)
サイズ:T155/B83(C)/W55/H82
本作のヒロイン。明るく活発な性格。

自分の母“香奈惠”については素行を良く思っておらず
反面教師として見ている。

最近ボーイフレンドが出来、自分は、一途でありたいと考えている。
ボーイフレンドとも性的関係もまだなく、まだヴァージン。
オナニー程度は経験有。

◇ヒロインの母親

名前:香奈惠(カナエ)※惠の字は恵では、ありません
サイズ:T156/B92(G)/W56/H93
“茉希”の母親。
夫は単身赴任で海外に出ておりシングルマザーでは、無い。
性に奔放な女性で周りから見るととても艶っぽい。

そんな本人の性格もあって機会さえあれば
行きずりの男達とセックスに興じている。

◇ヒロインのボーイフレンド

名前:芳貴(ヨシキ)
“茉希”の幼馴染。
最近ただの幼馴染から彼氏彼女の関係になったばかり。
※注意
この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。

「ワタシノオモイ~愛情と淫艶と~ アドベンチャーゲームブック(UNREAL PUBLISHING)」の作品情報

レーベル
UNREAL PUBLISHING
出版社
どろっぷす!
ジャンル
アダルトラノベ 恋愛
ページ数
856ページ (ワタシノオモイ~愛情と淫艶と~ アドベンチャーゲームブック)
配信開始日
2022年1月7日 (ワタシノオモイ~愛情と淫艶と~ アドベンチャーゲームブック)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。