電子書籍 セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック(どろっぷす!) 文芸・小説

まずは、無料で試し読み

試し読み

36ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック あらすじ・内容

◇あらすじ

「お兄ちゃん――正座」

ガチリ――と教室の引き戸に鍵をかけながら、ひと言。
ああクソ……また、沙織の“悪癖”が始まるよ……。


さかのぼる事 数分前。


(あのオッサン……なんてことしやがるんだ……!)

「ぐふっ。鈴代くんは本当にいい子だねえ」

頭を撫でる中年教師。

「あ、あはは……先生、恥ずかしいです……」

そのほほ笑みを見ていると、ドクドクと心臓が高なっていく。
いつの間にか握りしめていた両手には汗が滲み、喉はカラカラ。
無意識に足を止めて、その可愛らしい笑顔に見入ってしまう。
そう、俺は実の妹である沙織に――。


――恐怖していた。


沙織と、目が、あった。

「鈴代先生、お待たせしました」

さも最初から俺に呼び出されていたかのように、沙織がこちらに近づいてくる。

「鈴代先生。お時間もありませんし、早めに済ませてしまいましょう?」

「あ、ああ……そ、そうだな……」

俺が頷いたのを確認すると、沙織はそれ以上一瞥することもなく歩き出す。

「……ふふ。鈴代先生ったら。早くしてください」

ゆっくりと振り返った沙織が、朗らかな微笑みを向けてくる。
その笑みに、ゾクッ――とした寒気を覚えた。
(……これ以上、機嫌を損ねない方がいいか……)
観念して、俺は沙織の後についていくのだった。


そして、今に至る。


「……はあ……」

言われるがまま、その場に正座しようとして――。

「――下、脱ぎ忘れてるけど?」

そんな風に、沙織に止められてしまう。

「う……さ、さすがにここはマズイんじゃないか……? ほら、昼休みだから廊下に人も通るだろうし……」

「ふーん、そう。だから?」

顎だけをクイッと動かして『脱げ』と促してくる。
……ダメだ、俺が思っているより機嫌が悪いのかもしれない。

「……わ、わかったよ……」

「ほら、見ていてあげるから早く脱いで」

クスクスと笑いながら、こちらを見つめてくる沙織。
その愉快そうな視線を受けながら、俺はズボンを脱ぐしかなかった。

  • シェア:

「セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック(どろっぷす!)」最新刊

◇あらすじ

「お兄ちゃん――正座」

ガチリ――と教室の引き戸に鍵をかけながら、ひと言。
ああクソ……また、沙織の“悪癖”が始まるよ……。


さかのぼる事 数分前。


(あのオッサン……なんてことしやがるんだ……!)

「ぐふっ。鈴代くんは本当にいい子だねえ」

頭を撫でる中年教師。

「あ、あはは……先生、恥ずかしいです……」

そのほほ笑みを見ていると、ドクドクと心臓が高なっていく。
いつの間にか握りしめていた両手には汗が滲み、喉はカラカラ。
無意識に足を止めて、その可愛らしい笑顔に見入ってしまう。
そう、俺は実の妹である沙織に――。


――恐怖していた。


沙織と、目が、あった。

「鈴代先生、お待たせしました」

さも最初から俺に呼び出されていたかのように、沙織がこちらに近づいてくる。

「鈴代先生。お時間もありませんし、早めに済ませてしまいましょう?」

「あ、ああ……そ、そうだな……」

俺が頷いたのを確認すると、沙織はそれ以上一瞥することもなく歩き出す。

「……ふふ。鈴代先生ったら。早くしてください」

ゆっくりと振り返った沙織が、朗らかな微笑みを向けてくる。
その笑みに、ゾクッ――とした寒気を覚えた。
(……これ以上、機嫌を損ねない方がいいか……)
観念して、俺は沙織の後についていくのだった。


そして、今に至る。


「……はあ……」

言われるがまま、その場に正座しようとして――。

「――下、脱ぎ忘れてるけど?」

そんな風に、沙織に止められてしまう。

「う……さ、さすがにここはマズイんじゃないか……? ほら、昼休みだから廊下に人も通るだろうし……」

「ふーん、そう。だから?」

顎だけをクイッと動かして『脱げ』と促してくる。
……ダメだ、俺が思っているより機嫌が悪いのかもしれない。

「……わ、わかったよ……」

「ほら、見ていてあげるから早く脱いで」

クスクスと笑いながら、こちらを見つめてくる沙織。
その愉快そうな視線を受けながら、俺はズボンを脱ぐしかなかった。

「セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック(どろっぷす!)」の作品情報

レーベル
――
出版社
どろっぷす!
ジャンル
文芸・小説 恋愛 官能 官能小説
ページ数
721ページ (セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック)
配信開始日
2022年1月7日 (セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。