電子書籍 アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~ アドベンチャーゲームブック アダルト版(UNREAL PUBLISHING) 文芸・小説

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~ アドベンチャーゲームブック アダルト版 あらすじ・内容

「……ああ……またお前か、はぁあ……よくやるよな、毎日毎日、まったく……」



また、彼女だ。

昨日も今日も一昨日もずっと、また、また、この娘が部屋の前で“待ち伏せ”ている――。



「また、とはなんです? ずいぶんな物言いですね」



「おい、人のポケットに手を突っ込んで、勝手に鍵を抜き取ろうとするなよ……」



にっこりと微笑む、わけのわからない美少女。

黙っていれば天使のようだが、喋るととっても図々しい娘。

俺にまとわりついてくる奴。

まあ、なんでこうなったかというと――。



つい先日のこと。

帰り道の繁華街で男たちに絡まれているこの少女を機転を利かせて助けたところ、

何故か俺に付きまとうようになった。

そして部屋に入れてくれとせがまれたが、そんなことが周囲に知れたらたちまち

“事案発生”だ。



だから、きちんと断った上、さっきのこともあるし夜道は危ないからという理由で、結局その時は、学園の寮まで送る羽目になったのだが……。



「……今日こそは、お部屋に入れてもらいます。入れてもらえないのなら、悲鳴を上げるしかありませんね」



「な……!!」



部屋に入れれば“事案発生”。

部屋に入れなくても“事案発生”。

進むも地獄、退くも地獄……。



「どういたしますか? 悲鳴コースか、それとも、お部屋に入れるコースで……」



馬鹿馬鹿しい究極の選択ながら、俺はむっつりと黙りこくったままどうにも致し方なくて、俺は部屋のドアを開けた。



「ありがとうございます、尚人さん! それでは、お邪魔いたします」



財前花澄と名乗ったその少女は、満面の笑みを浮かべて得意げに胸を張り、俺よりも先に俺の自室内へと入っていったのである。

※注意

この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。

選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、

現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。



(C)UNREAL PUBLISHING/アパダッシュ

アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~

  • シェア:

「アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~ アドベンチャーゲームブック アダルト版(UNREAL PUBLISHING)」最新刊

「……ああ……またお前か、はぁあ……よくやるよな、毎日毎日、まったく……」



また、彼女だ。

昨日も今日も一昨日もずっと、また、また、この娘が部屋の前で“待ち伏せ”ている――。



「また、とはなんです? ずいぶんな物言いですね」



「おい、人のポケットに手を突っ込んで、勝手に鍵を抜き取ろうとするなよ……」



にっこりと微笑む、わけのわからない美少女。

黙っていれば天使のようだが、喋るととっても図々しい娘。

俺にまとわりついてくる奴。

まあ、なんでこうなったかというと――。



つい先日のこと。

帰り道の繁華街で男たちに絡まれているこの少女を機転を利かせて助けたところ、

何故か俺に付きまとうようになった。

そして部屋に入れてくれとせがまれたが、そんなことが周囲に知れたらたちまち

“事案発生”だ。



だから、きちんと断った上、さっきのこともあるし夜道は危ないからという理由で、結局その時は、学園の寮まで送る羽目になったのだが……。



「……今日こそは、お部屋に入れてもらいます。入れてもらえないのなら、悲鳴を上げるしかありませんね」



「な……!!」



部屋に入れれば“事案発生”。

部屋に入れなくても“事案発生”。

進むも地獄、退くも地獄……。



「どういたしますか? 悲鳴コースか、それとも、お部屋に入れるコースで……」



馬鹿馬鹿しい究極の選択ながら、俺はむっつりと黙りこくったままどうにも致し方なくて、俺は部屋のドアを開けた。



「ありがとうございます、尚人さん! それでは、お邪魔いたします」



財前花澄と名乗ったその少女は、満面の笑みを浮かべて得意げに胸を張り、俺よりも先に俺の自室内へと入っていったのである。

※注意

この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。

選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、

現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。



(C)UNREAL PUBLISHING/アパダッシュ

アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~

「アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~ アドベンチャーゲームブック アダルト版(UNREAL PUBLISHING)」の作品情報

レーベル
UNREAL PUBLISHING
出版社
どろっぷす!
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
554ページ (アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~ アドベンチャーゲームブック アダルト版)
配信開始日
2022年1月7日 (アラサー男が清楚お嬢様を助けたら。~押しかけ・迫られ・マンキツH~ アドベンチャーゲームブック アダルト版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。